集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

ワードプレスのURL構造の最適化とURLの変更方法

投稿日:

前々から不満に思っていたことで、勇気がなくて実行できなかったことをつい先ほど行ってしまいました。

それは、ブログのURLの変更です。

ブログのURLの変更は本来ならばやるべきではありません。なぜならば、外部からブログの記事に貼付けられたリンクやソーシャルメディアでのシェア数がゼロになるからです。検索エンジンからのアクセス数も検索エンジンが読み込むまでゼロになることを覚悟しなければなりません。

そういった意味では、URLの変更は本当に勇気のいる行動です。勇気を振り絞ってまででも、変えたい理由がありました。SEOの住太陽さんの記事を見て、その勇気が出ましたので、今回思い切って行いました。

具体的な変更点

今までのブログのURLは、https://it-success.net/blog/カテゴリー名/タイトル.htmlでした。ここから、カテゴリー名とhtml表記を取り除き、https://it-success.net/blog/タイトル/にしました。

変更した理由は以下の通りです。

海外のブログのURLにカテゴリー名を入れているブログはほとんどない。

海外のブログのURLを見ていると、カテゴリー名をURLに反映しているブログはほとんどなく、https://hogehoge.com/タイトル/にしていることがほとんどです。

「URLの長さが長くなるから、短縮しているんだ・・・」という訳ではありません。下記のURLを見て頂ければ明らかなのですが、十分に長いです。

海外のブログのURL

理由としましては、階層が深くなることがあんまり望ましくないからです。私の旧URL方式の場合は、3階層になります。しかもカテゴリー名は記事の内容と直接的に関係するとは限りません。結果、無駄に階層を深くしてしまうことにつながりかねません。

.html表記に、もう意味はない。

昔は、.htmlにした方が良いと言われてきました。今は、それは過去の話しだと思います。日本では見かける表現も海外のウェブサイトを見ると、もう見かけません。それだけ、HTMLファイルだけで作成するウェブサイトは過去のものだということだと思いますし、検索エンジンでも評価の対象にならないことが周知の事実だからだと思います。

記事へのリンクのリダイレクトは「permalink redirect」で解決。

最大の懸念は、せっかく集めたナチュラルリンクを無駄にすることと記事から記事へ設置した内部リンクの修正でした。検索エンジンからのアクセスだってゼロになります。

住太陽さんのブログでPasteコマンドを使うことが説明されていましたが、よく分かりませんでした。

そこで、ワードプレスのプラグインを探した結果、タグでパーマリンクのリダイレクトを設定するプラグインpermalink redirectがありました。これを利用すれば、すべてのページで新しいURLにリダイレクトを一瞬で行うことができました。(*)

*Old Permalink Structuresに古いパーマリンクを記入すればOKです。他のサイトでも解説されていますが、どれもバージョンが古いものの解説です。その方法では動きません。

まとめ

基本的にURLは途中で変更すべきではありません。ですが、今回のような処理を行った最大の理由は、間違いだと分かっているのに、今後ずっと使っていくことの気持ち悪さから脱却する為です。ちなみに私のクライアントさんは、最初から新しくしたURLの表記を使っています。間違いであることは、ずっと前から知ってましたから。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.