初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

ChatGPTでSEO用のコンテンツを素早く作成する方法とは?

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

ChatGPTとSEOプラグインを組み合わせることで、コンテンツ作成の速度を大幅に向上させることが可能になります。これらのツールを活用することで、マーケティング担当者は時間を節約し、より多くのコンテンツを効率的に作成することができます。この記事では、その具体的な方法について解説します。

目次

ChatGPTでSEO記事を書くメリットとは?

ChatGPTとSEOプラグインを理解し、適切な活用をすることで、マーケティング担当者には以下のメリットがあります。

マーケティング担当者は、そのコンテンツを見直し、オリジナリティの高い文章を追加することに集中することができます。それにより、生産性を高めることができます。

効率的なコンテンツ作成

ChatGPTは、自然な文章を生成する能力を持つAIです。これにより、マーケティング担当者はコンテンツ作成の時間を大幅に削減できます。

SEOの最適化

SEOプラグインは、ウェブサイトのSEOを最適化するための機能です。これにより、ウェブサイトの検索エンジンランキングを向上させることができるコンテンツを用意することができます。

高品質なコンテンツ

ChatGPTとSEOプラグインを組み合わせることで、高品質なコンテンツを効率的に作成することが可能になります。情報収集やSEOを意識したライティングなどをAIが行ってくれるため、精度の高い高品質なコンテンツになります。

ChatGPTでSEO記事を書く方法とは?

ChatGPTでSEO用のコンテンツを作成するために用意するには、SEOプラグインのインストールとプロンプトの準備が必要です。

SEOプラグインの準備

現在、ChatGPTのModel:Pluginでは、最大3つまでのプラグインを有効化することができます。SEO用のコンテンツを作成することができます。参考URLにアクセスをするためにWebPilotを使い、もう1つのプラグインはShowMeなどの表現力を強化するものに使うため、実質SEO用に使うプラグインは1つ使います。

今回は、Brameworkを有効化します。Brameworkは、キーワードを見つけて、コンテンツの概要を作成し、SEO分析を行い、SEO情報を抽出することができます。

プロンプトの準備

SEO用のコンテンツを出力するためには、必要な情報の入力や参考元を入力する必要があります。

キーワードと読者を設定する。

マーケティング用の記事を作成しますので、キーワードと読者の情報の前提をプロンプトで指定する必要性があります。

キーワードは、SE RankingのようなSEOツールで検索ボリュームを調査して決定します。上位表示には、ウェブサイトやメディア自体の専門性が重視されていますので、内容に合致したキーワードを選定します。読者はターゲットです。

プロンプトの記述例は、以下の通りになります。

#GoogleSEOに効果的なコンテンツを作成したい。以下の条件を満たすこと
[Keyword]:{キーワード} [読者]:{読者}

コンテンツの目的を設定する。

コンテンツの目的を入力しておかないと、どのような種類のコンテンツを書けばChatGPTは判定ができません。そのため、出力する度に統一性のないコンテンツが出力されてしまいます。Google検索には、キーワードごとに検索意図があります。そのため、想定される検索意図と合致したコンテンツの目的を設定します。

プロンプトの記述例は、以下の通りになります。

[コンテンツの目的]:{読者にKeywordについての知識を知ってもらう。}

タイトルの候補を出させる。

上記の前提をもとに、SEOに使用するコンテンツを提案してもらいます。タイトルの提案では、キーワードを先頭につけることまで指定します。

ただし、タイトルタグは自分で作成してしまった方が、ChatGPTがそのタイトルに沿ったコンテンツを作成してくれます。上記のコンテンツの目的と併せて、[記事タイトル]:{タイトル}の設定をするのも良いでしょう。

プロンプトの記述例は、以下の通りになります。

[C1]→タイトルを書く,[Keyword]とは?を先頭に入れる,[読者]が興味を持つことを意識する,タイトルの案として○個書く

コンテンツの出力パターンを設定する。

SEO用のコンテンツにはPREP法などの型があります。出力したいコンテンツの型に合致したプロンプトを組み立てます。

コンテンツのパターン分、プロンプトのテンプレートを用意するのが良いでしょう。

プロンプトの記述例は、以下の通りになります。

[C1]→タイトル:[keyword]を先頭に用いた自然な日本語のタイトルを作成すること,過剰表現は避けること,候補を5つ挙げる。
[C2]→導入文:[読者]が興味を持つような導入文を用意する,コンテンツ量は200文字以内を想定する
[C3]→[keyword]の利用用途:[keyword]の利用用途をわかりやすく300文字程度で解説する
[C4]→[keyword]を選定する際の注意点:[keyword]を選定する注意点を5つ記述,それぞれの解説文を250文字程度でまとめる[C5]→[keyword]で人気のある5選:[読者]におすすめな[keyword]のサービス名の候補を5つ記述,それぞれのサービスの特長を250文字程度でまとめる
[C6]→まとめ:[C1]~[C4]の内容をまとめる

条件設定は、カンマか半角スペースを用います。出力のコンテンツをみて、項目ごとに追加の質問を作成したり、自力で情報を追加編集するなどをすることで、SEOに強いコンテンツを作成することができるようになります。

また、ChatGPTの情報は、AIの性質上最新の状況には対応しきれていなかったり、情報が不足していることがあります。その場合は、WebPilotを有効化し、参考URLをプロンプトします。

プロンプトの記述例は、以下の通りになります。

上記の項目は以下のURLを参考にすること
該当URL

ChatGPTを使ったSEOコンテンツ制作に使える小技とは?

ChatGPTを使うと、さまざまなアイデアの出力や特定の条件を設定したリライトをすることができます。これにより、コンテンツの精度を上げていくことも可能です。

ただし、SEOツールなどに比べると、一次情報を参考にしているわけではありませんので、調査には使うことは難しいです。

検索意図を深掘りすることができる。

ターゲットと検索意図はSEOツールなどで調査をすることを前提にしていますが、検索キーワードについて質問することで、検索意図や主な検索者をChatGPTが推定して候補を出力することが可能です。

ツールや実際の検索結果をみて、検索意図が検討もつかない時は、AIに候補を出力してもらい、条件に絞り込みをかけて検索意図を決定するのはありだと考えられます。

特定の文章の意味を変えずに、キーワードの出現率を確保してリライトする。

ChatGPTは、文章のリライトや要約を得意としている文章生成AIです。当然、特定のキーワードの出現率を設定したリライトにも対応しており、SEOに強いコンテンツを生成することも可能です。

まとめ

ChatGPTなどのAIは、マーケティング担当者側だけではなく、媒体側の環境も大きく変化を及ぼしています。GoogleとBingは、それぞれBardとChatGPTを検索結果に反映させることを決定もしくは既に行っており、調べ物を目的にしているインフォメーションクエリではコンテンツまで流入してこないことを意味しております。

そのため、独自の知見や経験などをコンテンツにふんだんに折り込むことが非常に重要になっています。今後継続的な自然流入を検索エンジンから獲得するためには、事例を明文化して、ストックする必要性はあると思います。

今後、AI市場の激化により、マーケティングの環境も激変することは間違いありません。環境に適応し、効率の良いマーケティング戦略を選べるようにしましょう。

SEOを効率化したい読者はこちらも検討する。

ChatGPTは、Bing検索とは連携していますが、Google検索とは連携していません。つまり、Google検索の情報をプロンプトに入力しないと、Google検索に対応したSEO用の文章を出力しているわけではありません。

キーワード選定を効率化する

記事やページを追加する時には、狙うキーワードの選定が重要になります。検索回数が極端に少ないキーワードで上位表示をしても、検索エンジンからの流入が見込まれないからです。検索回数を調べる方法は、SE RankingなどのSEO分析ツールを使うか、Google広告を出稿し、キーワードプランナーで解析します。

SE Ranking

評価:

SEO対策に必要な競合分析、キーワードごとの検索ボリュームチェック、サイトの検索順位チェック、被リンクチェックなどの機能を網羅。オプションでコンテンツ生成機能やMEO機能を追加可能。

AIライティングツールを導入する

ChatGPTでSEO用のコンテンツを生成する時に問題になりやすいのが、プロンプトのハードルの高さです。また、Google検索を分析してから文章生成をしているわけではありません。そのため、「Transcope」のようなキーワードからGoogle分析を行い、文章生成をするツールの方が扱いやすいです。

トランスコープ

Transcope

評価:

ChatGPTの最新APIであるGPT-4を使用したAIライティングツール。Google検索の結果を反映し、長文のコンテンツを出力。SEO向けのライティングを効率化することが可能。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次