集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略 フェイスブック

Facebookページの運用で最も重要なのは、直観的なものだと思う。

投稿日:2013年11月8日 更新日:

「Facebookページの運用で重要だと思うことは?」ーと聞くと、いろんな答えが返ってくると思います。

テクニックを重要視している方は、「写真を投稿すること、タグ付を正確に行うこと、投稿時間を工夫すること」なんて返答をしてくると思いますし、一部の人間に洗脳と施しを受けた方は、「みんなが感動するような名言を提供し続けること」と返答してくるかもしれません。

テクニック的なことは確かに存在すると思いますが、「それに準拠した形の投稿をし続ければ、ダントツ人気のFacebookページになるのか?」と聞かれたらそうではないでしょうし、感動の押しつけは方向性が全く違っています。自分で、ハッシュタグ名言なんて言葉をつけている人も昔はよく見かけましたが、流石に痛々しかった。だから、今現在はあまり見かけなくなっているのだと思う。

自身の立場で考えて欲しいのですが、「結局は見なくなるFacebookページ」「投稿があると思わずいいね!を押したくなるFacebookページ」があるはずです。この差がどこで生まれるのか?ということですね。

人数がどんどん増えているようなFacebookページの投稿はどこか参加したくなるような雰囲気を醸し出しています。

上記は人気の土屋鞄のページです。

それに対して、以下の投稿は・・・

どうですか?適当なのがよく分かります。はい、このページのFacebookページですね。他のところのFacebookページばかり運用していると、自分のところは反動でどうしてもこうなっちゃうんですよね・・・

結局は理屈じゃないということ。

カップヌードルのCMは面白いな〜と思ったのですが、最後のメッセージがすべてなんですよね?
「自分が本当にいいね!と思ったこと」しか、いいとは思いませんし、行動も生まれません。

この辺はテクニック云々のお話ではないと思いますし、リア充自慢もちょっと違うと思います。少なくとも自分が直観的にいいな〜!と思うものでなければ、他人がいいと思うはずがありません。この辺は、センスかな?と思います。

Facebookページの運用の担当は女性がいいと言っているのは、この辺もかねてのことです。男はどうしても理論的に考えないとダメなところがありますからねー。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略, フェイスブック

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.