初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

集客のアイデアの捻出方法や具体的なテクニック5選

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。
集客のアイデア

この記事では集客のアイデアの捻出方法と具体的なテクニックを紹介します。

何をやっても集客ができない時は、顧客の購入動機付けになるコンテンツが広告に足りてないことが想定されます。そのため、クーポン、ノベルティなどの景品を用意したり、抽選会などの射倖心を煽るようなイベントを用意します。また、コストをかけずに、SNSなどで情報が拡散され、消費者が投稿をするように促すキャンペーンも口コミを作ることができるので効果があります。

目次

集客するアイデアをどのように捻出するか?

集客のアイデアを捻出するためには、ターゲットとなる顧客層のニーズを深く理解することが重要です。ターゲット層が求めている価値だったり、購入意思を促すコンテンツが提供されることで、集客数が増加します。

例えば、飲食店の集客のアイデアとして、「地域で作られている食材の美味しさを知りたい」というニーズがあれば、地域の特産品を活用したメニュー開発が考えられます。基本的に集客のアイデアは、顧客の動機づけになる情報の質と伝え方を改善することで捻出していきます。

今すぐ集客を増やすためのアイデア

今すぐ集客を増やしたい事業者向けにテクニックとしての集客のアイデアの捻出方法を紹介します。

集客のアイデア①チラシやウェブサイトのコンテンツを見直す

チラシやウェブサイトが分かりづらく、顧客に行動を引き起こすにはコンテンツ力が弱いことがよくあります。この時、動機付けになるような情報を再度整理し、写真やキャッチコピーを含めたテキストを再度見直しします。

過去の事例では、コンサルタントの事例があります。
ウェブサイトのコンテンツが事業内容を伝える単調なものであったので、成長している事業を中心にし、顧客の購買意欲を高める情報を社内からかき集めました。それらをコンテンツ化し、ウェブサイトに掲載した結果、ウェブサイトから問い合わせがなかったところから、月に数件の問い合わせが発生する状況になりました。

集客のアイデア②今がお得であることを印象付けるオファーをつける

期間限定の割引や特典を提供することで、消費者の購買意欲を刺激します。コンテンツを見た時から時間が経過すればどんどん情報を忘れていきますので、購入意欲も低下していきます。そのため、コンテンツを見た直後に行動を促します。

例えば、テレビ通販では、「番組終了から30分の間にオペレーターを増員」「今だけ、こちらもプレゼント」などの情報を掛け合わせ、すぐに購入意思を決定することを促します。また、展示会の集客のアイデアとして、早期チケット申し込みで、入場料割引などを行うことがあります。

景品・ノベルティの上限価格は、商品・サービスの価格(取引価格)により以下の金額が定められています。 1000円未満の商品の場合は200円、1000円以上の場合は取引額の10分の2が上限金額です。

集客のアイデア③射倖心を煽る仕組みを作る

抽選やゲームなど、楽しみながら参加できる仕組みを提供すると、集客が増えることが期待できます。例えば、オープン記念の時に、1等に5,000円のお食事券が当たる抽選会を開催すれば、来店する動機付けになります。

ただし、懸賞には条件があります。

懸賞具体的な例最高懸賞額懸賞の総額
一般懸賞1店舗で抽選をする20倍まで(5,000円未満)
10万円まで(5,000円以上)
売上の2%以下
共同懸賞商店街で抽選をする30万円以下売上の3%以下
オープン懸賞新聞やテレビで抽選をする上限なし

集客のアイデア④決済者が足を運ぶようなイベントを開催する

何もなければ、営業をされることから決済者が敬遠する業種もあります。そこで、決済者が足を運びやすいイベントを開催し、そのイベントに集客するアイデアがあります。例えば、子供向けのイベントを住宅展示場や自動車販売会社が行うと、子供だけではイベントに参加できないため、決済者である親を集客することができます。

集客のアイデア⑤SNSで参加型のキャンペーンを開催する

SNSを活用した参加型のキャンペーンが効果的です。フォロー&リポストでプレゼントが当たるなどの企画が考えられます。また、Instagramのハッシュタグを使うことで、たとえば、イベントに参加した人に画像や動画を投稿してもらい、エンゲージの高い投稿に景品を与える写真キャンペーンもあり、何に集客をするかでキャンペーンの種類と企画の内容、景品を決定します。

集客ができないのはアイデアが足りないからとは限らない

集客ができない理由はアイデアだけではありません。商品の魅力や広告のリーチなど、多岐にわたる要因が影響します。例えば、店舗の立地や商品の価格設定、サービスの質なども集客に大きく影響します。商品やサービス自体の改善やプロダクトライフサイクルが衰退期に入っている時には撤退も考える必要性があります。

商品に代替え品が多く、魅力が足りない

他と差別化できる魅力がなければ、集客は難しいです。たとえば、整骨院であれば、競合数も多い上に、マッサージ機などの代替品とも競合します。競合他社と同じようなサービスだけではなく、自社だけのオリジナルメニューを開発することで、顧客に新しい価値を提供できるでしょう。

チョコザップは、「月額2980円(税込み3278円)で365日24h使い放題(2023年8月現在)」のジムです。更衣室などの面積を削減し、「ちょっとした時間に運動をしたい」という顧客ニーズに特化したジムであり、手頃な金額で入会できることで、会員数を急激に伸ばしています。

標的市場があまりにも小さすぎて、広告がリーチしていない

ニッチな市場は、参入者がいない隙間市場のことを言いますが、この前提は、消費にポジティブであり、事業が成立する市場規模があることが前提です。価値を直感で感じられない、事業が成立するには市場規模が小さすぎる市場を対象にしているわけではありません。また、市場規模が小さすぎると、広告が1人の対象にリーチするまでの集客コストが高くなります。

市場の選択ミスは、集客のアイデアでは解消が難しいので、標的市場を再度定義した上で、商圏を拡大するか、撤退の方針で考えます。例えば、特定の地域で育てたオーガニック食材を扱う専門店では、全国に視野を広めると市場がかなり大きいですが、団地が多い地域に店舗がある時は集客のチャンスに恵まれません。そのため、通販に投資します。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次