集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング

なぜ情報発信に専門性が必要なのか?

投稿日:

古いテーマの1つですが、「なぜそうでなければならないのか?」と聞かれて答えられる人は少ないと思われます。

その為、分かっているけれども理由が分からず、専門性と関係のない情報を提供してしまっている企業(特に中小企業)が少なくありません。

本日は、情報発信に専門性が必要な理由について述べたいと思います。

まず最初に・・・情報発信が必要な理由

ベースになる情報発信を行う意味について考えないと、その上にのっている専門性のことは考えることができません。

みなさんは、情報発信をなぜ行っているのですか?まだ、行っていない方は、なぜ情報発信が必要だと思いますか?

その答えは、非常にシンプルです。物事を自分優位にはこぶ為です。
契約の件数を伸ばすため、興味のある人がより契約しやすい状態を作るため。結局はここに落ち着くのです。

(上記の表現は、プライベートで情報発信をする人もいるだろうと思って、言葉を選びました。自分が不利になる情報を発信する人はいません。結局は、マーケティング活動の一環なんです。)

信頼できる情報源として立場を確立するため。

専門性を発揮しなければならない理由の最も大きなポイントかもしれません。

結局は一生懸命情報を発信したとしても、誰にもアクセスしてもらえなかったり、アクセスされても誰にも読んでもらえなければ全くもって意味がありません。

アクセスした人が、しっかり読むのは、「あなたのことを信用し」、かつ「自分の為になる情報」だと分かった時だけです。

分かりやすくたとえ話でお話しますと、電気屋さんが発信する家電をうまく使った快適な生活方法の情報は信用できますが、ダイエットサプリを使ったダイエットの情報は信用できません。

自分の専門性を情報発信で発揮することは、読者の信用を構築する最短ルートでもありますし、信頼出来る情報源として立場を確立しやすくなります。ちなみにこの過程が、俗に言われるブランディングです。

専門性がないブログは紹介しづらいから。

専門性がイマイチ見えないブログを紹介することほど難しいことはありません。次にどんな記事がアップされるか分からないからです。

紹介数は、そのまんま被リンクになりますので、紹介されづらいブログを作っているということは、SEO対策に弱いブログを作っているということになります。

SEOの話を出しましたので、次のお話がセットでついてきます。

自分の専門の話に絞ると特にキーワードを意識しなくて済むから。

SEOについて回るのが、キーワードです。キーワードを適度に入れることが、SEO対策には必須なことです。ですが、文章を書くことに慣れていない人にとって、キーワードを意識しながら情報発信を行うことは非常に難しいことです。

自分の得意分野のお話、つまり専門にテーマを絞ることによって、この問題は解消されます。意識せずとも重要なワードは何度も使いますし、それとは逆に必要のないワードを何度も使うことがありません。

専門に絞り込むことで、ウェブサイトの内部環境を最適化しやすくなります。

注意点

専門に絞り込むと、どうしても自分のレベルで情報を発信したくなります。残念ながら、読者にプロはいません。プロのレベルで情報を発信されても理解出来ないのです。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.