080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略

飲食店にホームページは必要なのか?

投稿日:

特にはてブお願いします。

たまにいらっしゃるのですが、飲食店でホームページを無理して構築をしようと考えている方もいらっしゃるようです。

この場合、私の考えでは、「別に無理してホームページは構築しなくてもいいんじゃないかな〜?」と考えています。

※ただし、通信販売を行いたいとなれば別です。

立場を逆転させて考えてみよう

今晩、突然遠方の友人が尋ねて来て、飲みに行くことになったとします。

勿論、行きつけの飲み屋に連れて行くという選択肢もありますが、それを言ったら元も子もないので、せっかくなので新しいお店にチャレンジすることを前提にします。

この場合、欲しい情報は以下の通りになるかと思います。

「話しやすい雰囲気がいい。」
「○○が食べたい。○○が美味しそうなお店がいいなー。」
「店員の態度が悪いところは嫌なので、顔が分かるところがいいなー。」

メニューだけではなく、より良い時間をすごす為に、雰囲気まで気にするものです。また、外れれば嫌なので、口コミも気にします。参考にするポータルサイトは既に決まっている感じですが、満足いく情報が見つからなかったりします。それどころか、どのお店も一緒のように見えてしまうときもあります。

ウェブサイトを作りたいと思っているお店のオーナーのほとんどの方は、この辺のポータルサイトに自分のお店を並べたくないと考えている傾向にあるようです。その考えは、決して間違いではないとは思いますが、その先のことが考慮されない場合も多いのです。見られなければ意味がなく、アクセスアップの対策が必要になります。静的なホームページは、広告に頼らなければなりません。

では、これらを解決するのは・・・・・ブログでしょ!

ワードプレスのテンプレで作ればいい。

何もお金をかけて、こだわりデザインにしなくてもいいと思います。ワードプレスのテンプレは豊富にありますし、デフォルトテーマもだいぶマシになりました。

固定ページにメニューの写真や店内の写真、スタッフの写真、Googleマップなどを貼付けて、お店の自慢や出来事の記事を定期的に更新していけば、動かなくて見飽きるホームページと違って、ソーシャル経由でアクセスを生むことができますよね。

飲食店さんの場合は、ブログとフェイスブックページ、あとはメルマガをちゃんとやればいい感じですねー。最近、LINEがいいと言われていますが、これはケースバイケースでしょー!!。何より忙しいが基本のお店さんはあんまり多くに手を出さない方がいいです。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

集客コンサルはこちら詳細を確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.