集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

飲食店にホームページは必要なのか?

投稿日:

たまにいらっしゃるのですが、飲食店でホームページを無理して構築をしようと考えている方もいらっしゃるようです。

この場合、私の考えでは、「別に無理してホームページは構築しなくてもいいんじゃないかな〜?」と考えています。

※ただし、通信販売を行いたいとなれば別です。

立場を逆転させて考えてみよう

今晩、突然遠方の友人が尋ねて来て、飲みに行くことになったとします。

勿論、行きつけの飲み屋に連れて行くという選択肢もありますが、それを言ったら元も子もないので、せっかくなので新しいお店にチャレンジすることを前提にします。

この場合、欲しい情報は以下の通りになるかと思います。

「話しやすい雰囲気がいい。」
「○○が食べたい。○○が美味しそうなお店がいいなー。」
「店員の態度が悪いところは嫌なので、顔が分かるところがいいなー。」

メニューだけではなく、より良い時間をすごす為に、雰囲気まで気にするものです。また、外れれば嫌なので、口コミも気にします。参考にするポータルサイトは既に決まっている感じですが、満足いく情報が見つからなかったりします。それどころか、どのお店も一緒のように見えてしまうときもあります。

ウェブサイトを作りたいと思っているお店のオーナーのほとんどの方は、この辺のポータルサイトに自分のお店を並べたくないと考えている傾向にあるようです。その考えは、決して間違いではないとは思いますが、その先のことが考慮されない場合も多いのです。見られなければ意味がなく、アクセスアップの対策が必要になります。静的なホームページは、広告に頼らなければなりません。

では、これらを解決するのは・・・・・ブログでしょ!

ワードプレスのテンプレで作ればいい。

何もお金をかけて、こだわりデザインにしなくてもいいと思います。ワードプレスのテンプレは豊富にありますし、デフォルトテーマもだいぶマシになりました。

固定ページにメニューの写真や店内の写真、スタッフの写真、Googleマップなどを貼付けて、お店の自慢や出来事の記事を定期的に更新していけば、動かなくて見飽きるホームページと違って、ソーシャル経由でアクセスを生むことができますよね。

飲食店さんの場合は、ブログとフェイスブックページ、あとはメルマガをちゃんとやればいい感じですねー。最近、LINEがいいと言われていますが、これはケースバイケースでしょー!!。何より忙しいが基本のお店さんはあんまり多くに手を出さない方がいいです。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.