集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

飲食店が情報発信を継続することとやめることで起こること。

投稿日:

ご飯

集客をする上で、重要なことはとりあえず継続することだとよく言われますが、理由がよく分からないことが実情だと思います。

たとえば、1回の情報発信で1%の成長(成果)があったとします。この情報発信を継続して1週間、1ヶ月間、1年間したとします。

1週間
1.01^7=1.07213535211(つまり7.21%成長)

1ヶ月間
1.01^31=1.36132740449(つまり36.13%成長)

1年間
1.01^365=37.7834343329(つまり3779%成長)

になります。逆にこの情報発信を行わなかった場合、1%の損失が発生することになります。1週間、1ヶ月間、1年間したとします。

1週間
0.99^7=0.9320653479(つまり6.8%衰退)

1ヶ月
0.99^31=0.73230336965(つまり26.77%衰退)

1年間
0.99^365=0.02551796445(つまり97.45%衰退)

これは、最近話題になった1.01と0.99の法則なのですが、その時は小さな成果しかあがっていないものでも継続すれば大きな成果になるというものです。逆に、やめてしまえば97%に相当する損失を1年後に被るというものです。

忙しくなったからと言う理由で、メルマガだったりフェイスブックだったりやめてしまう飲食店さんが多いのですが、やめてしまうということがどれだけのリスクなのか?この数式を見ればお分かりして頂けることでしょう。

うまく媒体の運用が一度出来てしまえば、全体の1%どころか、10%、20%を占めることなんてざらに起こります。もしこれらの仕組みを捨ててしまった時の損失は・・・・怖くて計算できませんね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.