集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00(今月は、17日、18日以外は営業)

WEB戦略

多くの人が勘違いしていること。

投稿日:

飲食店とタイトルで書きましたが、それ以外の業種の人でも勘違いしていることがある内容かもしれません。

「そんな、原始人おらんやろー」とか思わずに、見て頂ければ幸いです。

1.ホームページを作れば商売繁盛

「ホームページ作成=集客の完了」だと思っている人は、いまだにいますよ。

年寄りの人ばかりだと思っている方もいるかもしれませんが、年齢は関係ないことに気がつきました。結局、ネットに興味がなかった人は、どの年齢でも一緒です。

ホームページの作成は、例えていうならば、カタログの作成です。カタログを町の一角においていることを想像してみてください。大体このイメージであってます。誰にも見られず、通り過ぎられてしまうのがほとんどですよね?作成だけ行って、放置したホームページはすべてこのレベルです。

それではあかんので、カタログを作ったら、人に送ったり、町の中で配ったりしますのね?これが運用です。人がよくみるようなテーマでページを追加したり、いつも来てくれるお客さんにメルマガを送ってみて知らせたり。これがないと、ホームページなんて、基本的に死んだも同然のレベルです。

2.ブログは書けばいい。

「ブログを書きなさい。」と昔から口にしていますが、何も書けばいいわけではありません。

そもそも日本のブログのイメージが悪いですね。大半の人のブログのイメージは、おそらく主婦のレシピブログだったり、芸能人の日記だと思います。そう、日記なんですよね。日記なので、人に見せるのではなく、自分の自己満足の為に記事を書いている人も結構多いと思います。

そうじゃなくて、ブログは情報発信のツールなので、例えて言えば手紙なんです。飲食店の場合ですから、DMですか。DMは、何かがある度にお客様に出しますよね?ブログはやり取りを行う為のツールでもあるんですよ。つまり、書けばいいというものでもなく、「継続的に更新してくださいね。」と言っているのは、「営業していればいろいろやるでしょうから、ちゃんとお客様に分かるように伝えてくださいね。」という意味です。

ちなみに、最近はどのネットサービスでもお客様に情報を知らせる為に、ブログを使ってますよ。

3.リストなんて必要ない。

リストつくりは、安定化させていくためには欠かせません。

最近の集客は、お客様とやり取りを重ねることで、再度来店してもらうことに重点をおいたやり方をします。この前、出張していたときに入ったカレー屋さんで、隣に座っていた女性がスマホで写真をとってましたよ。私も負けじと写真をとっちゃいましたよ。何のために写真をとっているかと言えば、こうするためですね。

こういった人が増えれば、口コミがじゃんじゃん広まります。安定した集客力があれば、割合も必然的に高くなってきますよね。つまり、リストづくりが口コミづくりにつながるということになります。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.