080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

インターネットは、何でこんなにくだらないネタで溢れ出したのか?

投稿日:2013年9月18日 更新日:

パソコン

最近、というより前からかも知れませんが、下らないニュースやネタが、よく目に入ってくるようになりました。週刊誌のウェブ版をかき集めたYahoo!ニュースを筆頭に、ツイッターのバカ写真およびイケダハヤトがどうだったなどのどうでもいい情報、フェイスブックも2ちゃんねるのまとめサイトが目につくようになってきました。

下らない面白可笑しい情報が目につくようになってきたのは、テレビや週刊誌などの媒体がインターネットにお引っ越ししてきたこと、個人レベルでの情報発信が着目されるようになったことで、下らない情報の絶対数が増えたから。それに加えて、考えさせられるような興味深い(interesting)なネタよりも何も考えずに笑える(funny)なネタの方が好まれるからに違いありません。

私の感覚ですが、YoutubeとTwitterが特にひどい。これは、ユーザーの数が絶対的に多いので、仕方のないことなのですが、あたかも2ちゃんねるの晒しの延長戦のよう。例えば、非常識な写真の関係者の実名をnaverで(広告付で)まとめて必要以上に拡散したり、Youtubeで名前を(広告付で)読み上げるようなものが目につきましたし、不快でしたね。

勿論、有用な情報もありますので、いちがいに「インターネットの情報=くだらない」と定義することは間違っています。ですので、「有用な情報に巡り会う為の工夫も今後は求められる感じかな〜」と思っていますよ。Gunosyが人気があるのは、こういったところがニーズになっているのかもしれません。(Gunosyの中にも下らないものが結構紛れ込んでいますが。)

こういった情報を読みふけってしまいますと、もちろん時間の無駄になります。ですので、必要のない情報以外はみないことや、閲覧の元凶になっているSNS自体の利用時間のコントロールが必要です。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.