集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略

インターネットで集客する為には、まず何からやればいいんですか?

更新日:

インターネットを使って集客をしようと思った時に、ほとんどの方が共通して悩むことが「どの媒体から始めるか?」ということだと思います。

結論からいうと、皆さんが属するエリアと業種、狙うべき対象客にもよりますので、一概には言えません。ですので、私がコンサルティングをする場合は、ヒアリングをした後で、媒体を全く持っていない場合はゼロからオーダーメイドします。

ただし、これでお話が終わっては面白くありません。

今回は、細かな要素は一切抜きにして、一般的な考え方でヒントを提示できればと思います。

一番最初は、ブログorホームページ

ブログとホームページが優先

あらゆる業種に共通することですが、ブログとホームページはインターネットで集客する際のベースになります。

ブログとホームページがメインになる理由は

  1. ・自由な表現が可能である。(好きな位置に置きたいコンテンツを置ける)
  2. ・youtubeやFacebookページなどと連動することで、いくらでも情報発信力を強化することができる。
  3. ・広告を出稿することで一定の反応をとることができる。(勿論、反応が出るように作らないとNG)
  4. ・閲覧者側にユーザー登録/ログインを要求しない。
  5. 閲覧者側にストレスを与えない。(ツイッターやフェイスブックでいうといきなりサイトが重くなり、ログインや閲覧ができなくなる状態を引き起こす。勿論、これと同じ状態を引き起こすホームページとブログにはしてはならない。)
  6. ・ソーシャルメディアはコミュニケーション媒体であり、直接的なビジネス媒体として活用しづらい。

というような条件を満たすからです。

また、これらは、お客様が自分のブログなどでお店を紹介する時のリンク先になる為、有無が大きな差が生みやすい媒体でもあります。

また、ホームページやブログを作る際に注意しておきたいことが以下の点です。

フラッシュサイトは作らない。

何でこんなに多いのか不明な位ですが、特に飲食店や美容院のホームページでは、アクセスするとフラッシュから始まるサイトが非常に多いです。

勿論、閲覧者の方々はかっこいいフラッシュを見に来たわけではありません。

最近では、フラッシュが閲覧できないappleのiphoneやipadが普及していることからイメージ作りを目的にしたフラッシュは邪魔な要素の一つです。

エリアによってポータルサイトを検討する。

都市部の場合は、ぐるなびやhotpepparを見て、お店選びを行う習慣が見込み客側で出来ています。こういった都市部では、自前のホームページを持たずにこれらの媒体に出資した方が成果が上がる確率は大きいです。

それ以外のエリアの場合は、自前の媒体を作る必要があります。

口コミサイトはホームページではありません。

よく勘違いしている方もいらっしゃるので、この場で解説しますが、口コミサイトは自分から提供できる情報が限られているため、ホームページの代わりにすることは難しいです。

無知な業者に依頼しない。

反応が出るはずもないホームページを販売する業者も少なくありません。
こういった業者は、基本的なSEOを意識したホームページの構造を意識せず、とても重要な内容も添削しません。

事実、このような業者に依頼してしまい、悩んでしまっている事業主さんが多いのです。

店舗ビジネスの場合、ブログサイトにすることでリピーターを増やせ!

皆さんも実感しているかもしれませんが、ホームページよりもブログの方を何度も見ちゃいますよね?ホームページとブログを組み合わせたブログサイトを作ることで、単純にアクセスを増やすことが出来ます。

特に、店舗ビジネスの場合は、このブログの閲覧者が見込み客になりやすい人や既存のお客様だったりしますので、売上アップに直結しやすくなります。

→ブログサイトのオーダーはこちら

> 続きを読む 

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略
-, , , , , , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.