営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

マーケティング 気になるニュース

iPhone5 アイフォン5を発表!最も大きな驚きはなかった理由。

投稿日:

iPhone5が昨夜発表されました。日本での発売は9月21日からのようです。

今回のiPhone5なのですが、本サイトのタイトルである最も大きな驚きは残念ながらなかったような気がします。

その理由は、今回の目玉がどれも機能の強化系、薄さの追求におさまっており、実感して「スゲー」と思える変更点はなかったからです。しかも、事前のリークの情報通りだったということもあり、「これを驚きというのか?」と考えると4SのSiriの方がわたしの場合は驚きを感じました。

iPhone5の変更点は以下のようになります。

詳しくは、Appleのサイトの方をご確認ください。また、旧iPhoneとの比較はこちらに掲載されています。

軽量化と小型化?

18%薄く、20%軽く、12%小さくなっているそうです。ですが、実際には4Sよりも約9ミリ縦に大きくなっているということですので、小型化ではなく、縦に引き延ばされた感があるようですね。

鮮明度の向上

ピクセル数が18%向上、彩度が44%向上し、画面がより鮮やかにうつるようです。

高速化

インターネットの通信が高速化され、アプリのダウンロードやネットサーフィンの速度が向上したとのこと。また、CPUがA5からA6に変更され、スピードが約2倍に向上。

バッテリー

ネットサーフィンが最大8時間、通話時間が8時間、ビデオ再生が10時間。気になるのは、1年後、2年後の姿ですね。

コネクタ(電源)

lighting

従来の30ピンからlightingに変更。つまり、今までの電源ケーブルを代わりに使うことができなくなりました。

高速化はスマホのアクティブ利用を促すことができるのか?

先日、発表されたYahoo!リスティングのスマホに関する調査によりますと、1日あたり1時間を超えてスマホを利用する割合が、10代は7割超えなのに対し、50代は4割満たなかったようです。働き盛りの管理職世代は、少なくともパソコンで仕事をする時間が長いので、その分だけスマホをいじっていないという見方もできます。

気になるのは、高速化されたiPhone5が普及された後の結果で、この時間がどのように変化するかです。驚きはなかったのですが、単純に機能強化されていますので、この際に機種変する人は非常に多そうです。

スマホが進歩し、ストレスフリーになればなるほど、単純にスマホの閲覧時間は増加すると思われます。スマホ向けの広告がメインになる時代はそう遠くなさそうですね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング, 気になるニュース
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.