集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

マーケティング

家元制の認定資格には価値があるのか?

投稿日:2013年2月13日 更新日:

教会

インターネットの世界をみていると、不思議でたまらないことに出会うことは度々あります。その中の一つが、有名なコンサルタントなどの人物に弟子入りしていることを売りにしてしまっているコンサルタントやコーチが多い事です。

人間国宝になっている職人や世界的に有名なアーティストならば分かります。

そして、外国の有名人で弟子をたくさん取らない人や依頼料が高く、予約も取れない人などが理由でもわからなくはありません。

最近よく見かけるのは、そうでもなさそうな人、どこがすごいのか分からない人、少しお金を詰んで待っていれば依頼出来そうな人の名前が出てくる人が多いです。

最近話題の与沢翼君に教えを請う人にも同じ空気が感じられます。

家元制マーケティングとは?

家元制のマーケティングとは、日本の伝統芸能のように、門下生に独自の認定資格を付与することで、認定した人が活躍できるようにサポートするビジネスを指します。

ある意味、店舗のフランチャイズ制度にも似たようなところがあります。

家元制の良い点は、認知度が高ければ認定は価値になることです。セブンイレブンやローソンなどのコンビニのブランドを想像すればよくわかります。

ただし、多くの家元制には認知度がありません。認知度がなければ、名前を言われても何ができるのかがわかりません。

また、家元制は伝統芸能のように認定は厳格でなければなりません。

お金を積んだだけで認定できる、再試験が無料でできる認定は、認定された人の技能のレベルが非常に低くなるために、認定資格の価値も非常に低いです。

家元制の門下生資格は売りになるのか?

答えは、NOです。理由は単純明快です。

有名な人物から習ったことのあるご本人様にとっては、その人物はすごい人かもしれません。しかし、それ以外の大半の方からすれば、その人物は何者なのか分からないからです。エンドユーザーにとって分からないものは武器にはなりえません。

そもそも認定は独占業務ができる資格ではありません。同じような業務を行っている第三者にクレームを入れる事が出来ません。

 

価値は、顧客が決めるもの

価値は顧客が決定するものです。一定以上のブランドと協力できるメリットがなければ、この手の認定には価値がないと見なされます。

もっとも、高額なフィーを徴収して、クライアントを自分の普及要員にするのは宗教やネットワーク系と似ているところがあり、私はあまり好きではありません。結局この手のビジネスで得をするのは、家元およびそれに付随する上位の資格者のみだからです。

いつの時代もこの手のビジネスは消えては現れますが、独占業務ができる国家資格でもマーケティングが厳しい時代だということは覚えておいてくださいね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.