080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略

「なぜ、読まれないのか?」>それは、あなたがつまらないからです。

投稿日:

特にはてブお願いします。

何様タイトルをわざとつけました。ブログの場合、書き方でアクセスを増やすこと自体は難しくありません。ですが、アクセスしてもらうのと読まれるのとでは全く別の話です。結局、ページを開いてみたものの、「あー、興味ない!」と思われて、ページを閉じられれば、アクセスしてないと同じことになります。

「なぜ、読まれないのか?」

その答えは、ご自身のことを考えてみれば一目瞭然でしょう。興味もないものをじっくり読んだりしません。興味があったとしても、「自分が求めるものではないな!」と感じた後には、読むのをやめてしまいます。

これと同じことが、アクセスした人に起こっただけですね。単純に面白くないと思ったからです。当然、そこからはお金は発生しません。

多くの企業がやってしまっているタブー

ブログだけではなく、フェイスブックもツイッターもメルマガもそうですが、"読者目線での面白い"と思われる要因をことごとく殺してしまっていることです。

私がみている感じだと理由は大きく分けて2つです。

一つは無計画性。

「君が担当者だから、君に任せるよ!」<これのことです。見る人によっては、会社やお店の顔になる各媒体の内容をおそらくは一番若い社員やスタッフに丸投げしてしまうあれです。当たり前ですが、何を書けばいいのか分かるわけがありません。その為、つまらない売り込みの内容や顧客の為のコンテンツを作ることができないのです。

もう一つは思い込み。

「企業だし、こうじゃなきゃいけない!」と思い、個人の見解や人間味を全くいれずに、ガチガチの内容。また、役に立つ情報を掲載しよう!と、どこかでみたのでとりあえず役に立ちそうなネタを人気ブログから引っぱってきて、あたかも自分のことのように書いてみた。ウェブのことを一生懸命書いてみたけれど、そういえば私は保険屋だった。

上記の内容に関しては、個人ブロガーさんなら笑えるでしょう。しかし、仕事で自社のブログを担当している社員さんでは、笑えると思った人の方が絶対に少ないはずなんですよ。

面白い記事を書く事は確かに難しいです。昨日のメルマガでも言及しましたが、何も奇抜に面白おかしく書く必要はありません。

・自分が誰に対して情報を発信しているのか?
・対象にしている人にとって面白い、役立つとは何か?

この点を押さえないと、アクセスした人だけが増えるだけで、興味関心を持ってくれる人が増えません。勉強している方の為に専門用語を使えば、AIDMAのこと(消費者心理プロセス)を思い出してみましょう。知られていても、興味がわかないものには、お金を落とさないという単純なことがここでも起こっているわけです。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

集客コンサルはこちら詳細を確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.