集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

マーケティング

日本語でもEMDアップデート適用か?急に圏外にとばされたことについて

投稿日:

クリスマスの時も休まず働いていたGoogle。おかげさまでこの年末の時期に「あれれ?」という自体に陥りました。

気がついたのは、25日のクリスマスの日。アクセス数が落ちていると思って調べたところ、特定キーワード経由のアクセスが全くなくなりました。気になって調べてみた結果、なんとGoogleで一位表示されていたページが圏外に飛ばされていました。

圏外に飛ばされたページの特徴

圏外に飛ばされたページには共通のルールがあります。飛ばされたページの一つは、飲食店の売上をアップさせる簡単な方法①です。このページは、「飲食店 売上アップ」というキーワードで上位に表示されていたのですが、突然表示がされなくなりました。

同様に圏外に飛ばされたページと共通していることは、URLです。URLに日本語でキーワードを入れていました。上記の記事のURLは、https://it-success.net/blog/飲食店売上アップ/です。このワードは、記事中にもタイトルにも複数出てきますので、明らなキーワードであることが分かります。

「Google!!やりやがったな!!」

と正直思いましたが、なんとなく理由に心当たりがありました。英語圏で既に実装されていたEMDアップデートです。

EMDアップデートとは、キーワードに完全一致するドメインを用いている低品質なページのランクを下げるアップデートの総称を言います。ですが、ここで2つほど疑問に思いました。一つは、上記の場合はドメインではないこと。もう一つは、果たして上記のページが低品質なページと言えるのか?ということです。

ドメインに関しては、詳しいところはよく分かりません。調べたのですが、これに関しては、話題にも挙がってきていないようです。が、常識的なレベルで考えて、ドメイン名だろうと、その下のディレクトリであろうと、完全一致は完全一致ですので、ひっかかってしまったのかもしれません。

また、低品質なページと判断されてしまったことについては、正直よく分かりません。なぜならば、キーワードを詰め込みすぎているわけでもなく、リンクジュースを供給する目的でもなく、テキストも少なすぎる訳でもないからです。同様にコンテンツを編集した飲食店の売上をアップさせる簡単な方法②は全くの無傷でした。

ともあれ、今後は、ドメインも含めたキーワードと完全一致したURLを利用することは黒だという判断になりそうです。

追記

ちなみに、コテコテの日本語完全一致ドメインを使っているのに、未だに上位表示されているウェブサイトも中にはあります。まあ、こういった動きは一斉に来る訳ではありませんから今後下がることにはなるんでしょうね。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.