集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

マーケティング

自己啓発よりもマーケティングを学んだ方がいいのはなぜか?

投稿日:

雑誌を読む女性

理由は簡単で、自己啓発でいくらメンタルを強化したとしても、顧客を生む仕組みを作らなければ仕事が成立しないからです。

卵が先か?鶏が先か?の議論に似ていますが、そうでもないのがこれです。

結局は、顧客獲得をしている環境になければ、やる気や効率性のお話になりません。

そもそもなお話

自己啓発に興味がなさそうと言われる私も、実は大学生の頃は自己啓発系の本を読んでいました。

社会人になってからもセミナーにも行ってみましたよ。

その結果、至ったところが「こんなもの他人に教わることじゃないな」ということです。

自己啓発という言葉をwikipediaで調べてみましたよ。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。より高い能力、より大きい成功、より充実した生き方、より高い人格などの獲得を目指す。(wikipedia参照)

この文章を読めばぱっと来ると思うのですが、結局他人に教わるようなことではありませんよね。自分で経験し、問題にぶつかり、その壁を乗り越えることを考え、解決していく過程が自己啓発で、本から学ぶようなことではありません。他人の体験を参考にする程度のものだと思っています。

情報商材ではありませんが、自己啓発に数十万〜数百万円投資したところで、成長するのは自分の心だけなんですよね。それでご飯を食べていくことなんて出来ません。

結局一番苦しむのは、集客です。マーケティングを学ぶのも、アカデミックのものだけではなく、実践的なものを学び、実際にやってみないと分かりませんよね。

 

そういや、7つの習慣も読んだなー。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.