080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 売上アップ

勝てる勝負を優先しよう!

投稿日:

私は、ギャンブルはほとんどやりません。
たまにやりますが、大負けするようなことはしません。

ギャンブルに限らないのですが、
常勝を狙う為のルールは皆さんご存じでしょうか?

それは、「勝てる勝負にしか乗らないということ。」です。

本当に勝てるかは実際には分かりませんので、
正確には見込のある勝負にしか乗らないということになります。

この法則を集客ということに置き換えます。

「お客様がいるかもしれない!」と「お客様がそこにいる!」どちらを優先すべきか?

「勝てる勝負にしか乗らないため」には、「勝てる理由」がないと判断できません。

例えば、同業の先発者の成功事例。
もしくは、そこに優良なお客様がいるという事実

先発者の成功事例が勝てる要因になるかは、
100%そうとは言えませんが、
そこに優良なお客様がいるという事実は、
勝てる要因になりえます。

つまり、勝てる勝負とは、
「そこにお客様がいるかもしれない。」よりも、
「そこにお客様がいる。」を優先することでもあります。

そこにお客様がいる。と自信を持って言えるのは、
「今まで積み上げたお客様リスト」ですね。

「そこにお客様がいるかもしれない。」ことに躍起になりすぎて、
お客様リストを放置しているという方は、
今行っている施策を是非見直すことをお勧めします。

(新規のお客様獲得が不要だとは言っていません。
絶対に必要ですが、こればっかりを見ている企業は、
販促費が高額になり薄利多売になる傾向があります。)

対策はさまざまです。ハガキを送ってもいいですし、
季節毎のカタログを贈るのもいいでしょう。

携帯メルマガを使うとコストが低減しますが、
お客様の能力/関係性/業務形態によるところがありますので、
お客様の反応を見て、織り交ぜて考えてった方がいいですね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, 売上アップ
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.