集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング 売上アップ

なぜ、webを使った集客では、キーワードが重要なのか?

投稿日:

そもそもなお話。

インターネットを使って販路を拡大しようとした時に必ずと言っていいほど耳にするのが、SEO対策です。

「○○というキーワードで上位表示をすると、稼ぐことができます。どうですか!」

という営業を受けた方も多いのではないでしょうか?そういう会社は、結構危ない。

これは後ほどお話するとして、ここで営業を受けたことがある人ならば、一度は疑問に思ったことがあるでしょう。

「なんで、キーワードで上位表示することが集客とどう結びつくのか?」

ということだと思います。SEOに限らず、Yahoo!リスティングやアドワーズなどのPPC広告もキーワードを核にしています。本日は、このキーワードのお話です。

キーワードの正体

キーワード

例えば、いまこのブログを読んでいるみなさんが、体重が気になる中年世代だとしましょう。
会社の部下から「部長、最近太ったんじゃないですか?」といわれ、休日に出かけようと思ったら、今まで履けていたジーンズが履けなくなっていたということになっていたとします。

そして「これは、ヤバい!」と思い、あなたは痩せることを決意します。

ただし、今まで痩せようと思ったことがありません。
痩せる方法が分かりません。

「さあ、あなたはどうしますか?」

おそらくとる行動は次の3つのどれかだと思います。

・痩せた経験のある人に聞いてみる。
・本屋でダイエット関係の本を購入する。
・「ダイエット」「痩せ方」「メタボ 改善」などのキーワードで検索する。

これから何を言いたいかといえば、「今まで履けていたジーンズを履きたい」「部下からいわれるネガティブな言葉をいわれるのはコリゴリだ。」という想いで行動していますよね。その想いをダイエットや痩せ方、メタボ 改善というキーワードに変換しているんです。

つまり、キーワードというのは、単なる言葉の羅列ではなく、想いや願望を言葉で表したものということになります。

人は、このキーワードを介して、ホームページやブログを探し出します。インターネットを使ってダイエット関係の商品を販売したい人からすれば、キーワードは、痩せたいと思っている見込客と自社のホームページとブログをつなぐ仲介役となるわけです。

キーワードを知るということは想いを知るということ。

キーワードの重要性は、ここまでの説明で大体理解できたと思います。

キーワードには、そのワードを打ち込んだバックボーンが存在します。

上記のダイエットの例を引きずると、「自分に合ったダイエット方法ならば、お金を出してもやりたい」と思う人もいれば、「小遣いが少ないから、自分にお金をかけれない。方法だけを知りたい」という方もいるということです。

前者はお金を出してくれやすいですが、後者は労力をかけないとおそらくお金は出しません。

この差が、「儲かるキーワード」と「儲からないキーワード」の差になります。

ちなみに、
前者は、「ダイエット 成功」「ダイエット 健康」「メタボ 改善」「成果が上がっていることで有名な商品名」「ダイエット 方法 (願望系キーワード)」などが該当すると思います。

後者は、「ダイエット 方法」「無料 ダイエット」といった手法やコストを調べるためのキーワードが該当します。

ただ、闇雲に上位表示を図ればいいというものではないんですね。

ここでいえるのは、顧客の想いを知らないと、ろくなキーワードが思いつかないということです。結果いくらやっても大した集客につながらないという自体になります。

もっと多くの人に自分のことを知ってもらって、サービスを利用してもらいたいと思うのであれば、まず相手の気持ちを考えることから始めるのが良いでしょう。

p.s.

最初くだりの営業トークのお話。

この営業トークがヤバい理由は、実際にこういったトークにのせられて商売繁盛に至った人がほとんどいないからです。

それもそのはず。キーワードには、そのキーワードを検索する人の母数というものがあるからです。一つのキーワードで集客できる人数は高々知れています。

もし、この営業トークをしてきた業者が入れば、「50%成果報酬を出すから変わりにやってくれ。」と言ってみましょう。おそらく、帰ってくる答えは、No!です。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング, 売上アップ
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.