080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

マーケティング

ブログ集客の効果を高めるランディングページ対策

集客をするために、ブログを書いているのになかなか成果が上がらないことにストレスを抱えている人も多いと思います。

ブログ集客の効果を高めるためには、E-A-Tを高めること、ドメインパワーを高めること、そしてコンバージョンに向けて的確な導線を用意することです。これらの全ての条件を高めることで、自然流入を増やすことができ、集客に繋がります。

ここでは、コンバージョンを増やすためのブログの設定の工夫について紹介します。

ランディングページとは?

ランディングページとは、リスティング広告用の広告ページではありますが、本来の意味は、一番最初に開いたページを意味します。

ブログでのランディングページとは、記事ページのことです。この記事ページをみた後の行動により、ブログ集客の成功が決まります。もし、この記事を読んだ後に、そのまま離脱してしまえば、集客には繋がりません。しかし、記事を読んだ後に、別のページを読んだり、興味関心が高まることで、ホワイトペーパーのダウンロードに結びつけば集客につながります。

つまり、ブログ集客では、記事ページに注目することで集客の効果を高めることができます。

ブログの集客の効果を高めるポイントとは?

では、ブログ集客の効果を高める方法について紹介します。

記事の内容には自社のナレッジを組み込む。

集客とは、対象の見込み客に情報を与え顧客に育成することでもあります。

ブログの場合、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの自然流入がメインです。キーワードで検索して、このブログタイトルをみて、その記事に興味を持ったのが始まりになります。

例えば、特定の問題を解決する趣旨のタイトルの記事の場合、訪問者はその問題を抱えており、問題解決には積極的と考えられます。自社の製品やサービスを組み込むことで適切に問題解決ができるとわかれば、興味を持ってくれることになります。

ブログは役立つ内容を発信しようと言われており、多数のオウンドメディアが乱立しております。そこで、他社製品ではなく自社製品に興味を持ってもらうということは、経験や事例を記事に組み込み、魅力を感じてもらわなければなりません。

スマホとそれ以外での目的を変える。

スマホの閲覧者とそれ以外の閲覧者の特性や行動を考慮する必要があります。例えば、スマホで閲覧している人は、家か外でそのコンテンツをみている可能性が高く、またフォーム入力にはストレスを感じます。パソコンで閲覧している人は、オフィスか家にいる可能性が高く、仕事でその内容を検索している可能性が高いということです。フォーム入力もスマホに比べれば楽です。

また、後述するexit-intent Popupは、ブラウザを閉じないスマホでは動作しません。

これらから、スマホでの表示は、比較的入力に時間がかからず、ストレスを相手に与えない着地点を用意します。例えば、メールマガジン登録程度であれば、スマホで入力してくれる可能性が高いです。パソコンの場合は、比較的詳細な入力が必要とするデモなどのお申し込みにすることで、コンバージョンを上げることが可能です。

CTAの最適化を行う。

CTA(Call to action)とは、特定の行動を促す仕掛けを意味します。例えば、記事ページにセミナーのバナーを設置することなどが該当します。

ブログの集客効果を高めるためには、このCTAを適切に使い、目的の行動を取らせることにあります。例えば、営業目的の場合は、特定のホワイトペーパーのダウンロードをするためのフォーム入力が目的の行動に該当します。CTAは目立たないと、ユーザーも気付きづらく、行動を促すことができません。そのため、CTAはコンテンツを読み、ある程度問題解決の意図を理解したタイミングで発見できるように組み込まなければなりません。

ポップアップを活用する。

ポップアップとは、動作の引き金(トリガー)を引くと、動作が発生します。この動作は、滞在時間もしくは全ページのスクロールの割合で設定することが可能です。また、ブラウザを閉じる場合に動作するexit-intent Popupなどがあります。

ポップアップを考える上では、記事をある程度読んで問題解決の糸口がわかったタイミングで表示するようにしないと、早すぎは記事を読むのに邪魔になりますし、遅すぎは離脱される可能性が高くなるという点です。

Exit-intent Popupは効果があるのか?WordPressでの実装方法を解説

ポップアップは使い方を間違えるとSEOに悪影響を与えると言われています。例えば、ブログを読んでいるのに、ポップアップで全く別のページで画面が埋まってしまってはコンテンツを読むことを妨害していることになります。また、多数のポップアップを組み込むことで、読み込むファイル数が多くなりますので、表示速度も遅くなります。

スマホ固定フッターの導入

スマホでは、レスポンスにより、記事の下に表示されます。つまり、サイドバーにCTAを組み込んでいるブログでは、下までスクロールしなければ目的動作を促すことができません。そのため、スマホでは、CTAとしてスクロールしても固定で表示されるフッターを導入し、そこにバナーを設置するなどの対応をとることが普通です。

注意すべき点は、固定フッターが画面に対して占める割合が大きくなると、記事を読む邪魔になり、離脱されやすくなってしまう点です。また、CTAではWebサイトよりも色味の濃くすると、そこに目がいきますので、色合いも計画的に変更します。

ブログLPOを実施していないブログが多い事実

ブログ集客の相談で、SEOのお話が多いです。確かに、ブログを書いても、自然流入が発生しないのでは集客が成立しません。

ブログ集客のプランニングのお話については、「ブログ集客の手順や成功のコツとは?」を参考にしてください。

ブログ集客を実施しているのは、オウンドメディアを含めて無数に存在します。そのため、上位表示をしてもコンバージョンが起こらないということが度々起こります。それは、一番最初に目に入る記事ページに問題があるということです。

記事で流入を増やしても、情報の提供だけで終わってしまえば、商品やサービスに興味を持ってもらえません。そのため、記事を作る時は、自社ツールの有用性も絡めて説明し、適切な箇所でCTAが表示されるような工夫が必要になります。

集客力向上に関する記事は、「集客力向上に効果がある方法とは?集客力アップのためのプロセスと方法」を参考にしてください。

-マーケティング
-

© 2020 SuccessPartner