集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング

ブログこそ必要なLPO(ランディングページ最適化)

投稿日:

ブログのアクセス解析をしているとガッカリすることがしばしばあります。

それは、すごくアクセスを集めてくれるブログの記事に限って、直帰率が高いことです。人数が多ければ、さまざまな考えでアクセスをしてくるわけですので、アクセス数が増えれば増えるほど直帰率が高くなるのは当然と言えば当然なのですが、なんだかさびしいものがあります。

少なくとも、情報発信系のサイトを運営している人々の目的は、以下のどれかにあたります。

1.広告をクリックしてもらう。
純広告の場合は、成約までしてくれる。成約がなくアクセスだけが跳ね上がっている状態でしたら、広告としての役割は中途半端なわけですから。

2.商品ページをみてもらう。
勿論、見た人の一部には成約までしてもらう。

3.メルマガやアンケートに登録してもらう。
直接売上が立たなくても、後々に売上を上げればいいや!って感じですね。

 4.読者に喜んでもらう。
これは、目的としての存在するのはかなり難しいところです。なぜなら、業務としてブログを書いているならば、執筆にコストがかかっている為、リターンを何らかの形で取得しなければならないからです。 個人運営のサイトならば、目的として成り立つかもしれません。

やるからには、とる行動は目的を達成する為の手段です。

そこで大事な考え方が、LPO(ランディングページ最適化)なんだろうな~と思っています。

LPO(ランディングページ最適化)って?

玄関

ランディングページとは、そのWEBサイトを開いた時に、一番最初に見たページのことを言います。つまり、WEBサイトの玄関です。

「広告用の1枚の画像やイラストを豊富に盛り込んだ縦長のページじゃないの?」

と言われるかもしれませんが、そうじゃないです。

ブログを運営している方ならばお分かりだと思うんですが、トップページからご丁寧にアクセスされるわけじゃなくて、個別のブログ記事からアクセスをする人の方が圧倒的に多いんです。

つまり、アクセスができるページは、すべてランディングページになりえます。

このランディングページの最適化って、一体どういうことなのか?

それは、つまり、目的のページにアクセスを送り、目的の達成(アクセスした人に成約してもらう。もしくは問合せしてもらう。など)を実現することにあります。

メジャーな説明で説明しましょう。

例えば、ランディングページに100人がアクセスしたとします。

この100人のうち、30人が商品ページを覗いて、3人(10%)が成約しました。

この時に、97人の人は成約せずに、どこかに消えていってしまい、そのうち70人は、ランディングページから商品の詳細すら気にせず離脱してしまったわけです。

これは、とてつもない機会損失です。

ランディングページ最適化とは、端的に言えば、この機会損失の改善です。

もし、100人のうち50人が商品ページを覗けば、5人(10%)の人が成約することになります。

※広告に出稿してアクセスを稼ぐ場合、ランディングページ=商品ページであることがほとんどです。ロスはもっと小さいです。(じゃないと採算性が合わなくて、大変なことになります。)

ブログこそ、LPOが必要になってきた。

LPO

話を戻します。私はまだまだLPOの研究中で、「こうすべき!」と言えたたまではないが、記事の執筆に費やした時間の費用対効果をとる為には、ブログにもLPO対策の必要性を感じます。

例えば、「集客」の検索キーワードで来訪した人が、もっと知りたい!と思えば、関連記事を読みたいと思うはずです。関連記事を読む手段がそのブログに組み込まれていなければ、離脱するしかなくなってしまいます。その対策に、関連記事を設置することが必要でしょう。

また、商品ページへの入り口もそうです。バナーにせよ、テキストにせよ、入り口がなければ、そのページには移れず、別のページに離脱してしまいます。その為、サイドバーだけに限らず、適切なところに商品ページへのリンクを設置しておいた方が良いということになります。

コンテンツ(本文)のブラッシュアップもそうです。興味深く読まれなければ、サイト内にリンクを数多く設置していても、読まれず離脱することになるでしょう。アクセスした時の落胆は、タイトルに対する期待がコンテンツを見た時に、大きく失われた時です。それを防ぐために、タイトルに対し、的確なコンテンツを用意する必要があります。

ともあれ、最適化という言葉がありますが、どの配置、コンテンツが最適なのかは分かりません。最適という言葉が存在するのかも分かりません。

この方法がいい!とされるものはあるのですが、すぐに新しいもの、新しいものが出てくるからです。つまりこれは最適が存在しないことを意味するわけです。

アクセス解析をみつつ、ユーザーの反応を参照して、ベターの積み重ねつつ、最適に近いブログにすることが、今後の活動の潤滑油になることは間違いないんですよね。

ということで、ちょこちょこデザインが変わったりしますが、「お!対策研究しているな!」と思って、見ててください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.