080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 マーケティング 売上アップ

店舗のメルマガはなぜ、まぐまぐやメルマ!のような無料のものを使ってはいけないのか?

投稿日:

「先生!うちが経営しているカレー屋でメルマガを始めようと思っているんです!まぐまぐってどうですか?」

「ハイ!?」

「え、、、、!?」

「おえ?」

「あの・・・・何か変なことを聞きましたか・・・・?」

このような会話をしたことは実は1度や2度のお話ではありません。なぜ、このような返事になるのか?その理由は、以下の文章を読んでいけば分かります。

※厳密に言えば、メルマガの場合、月額2,999円以下のものは無料メルマガと同じようなスペックです。「少しお金を払えば、、、」という訳でもありません。

まぐまぐやメルマ!は無料。つまり、あなた専用のメルマガにはならない。

アメブロなどの無料ブログと共通することなのですが、無料でレンタルできるタイプのものです。

無料でレンタルをさせるということは、自分にメリットがなければなりません。

まぐまぐの場合、メルマガを登録する時に、広告主のメルマガを選択的に登録させたりします。

つまり、読者側の立場からすれば、あなたのメルマガを読みたいのに、読みたくもない他のメルマガも読まなければなりません。

また、6ヶ月メルマガを出すことを忘れたとしましょう。まぐまぐの場合、廃刊とみなされ、アカウントをとめられてしまいます。そうなってしまえば、一生懸命読者を集めたとしても、何も残らないことになります。そして、読者には、他のメルマガが送られ続けることになります。

実用性で考えると、、、

そもそも、お店で使う場合は、お店に来店したお客様に登録してもらいます。

「メールアドレスを手書きで書いてもらって、後でメルマガに代理登録、、、、」
ということをお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、確実に書いてもらえる業種の場合はいいですが、飲食店などの場合は、おそらくこの方法ではアドレスを集めることはできません。

※メルマガは特定電子法により、メルマガが送られることを登録者に了承してもらう必要があります。文言なしにメールアドレスを書かせて、メルマガを送ると行政からの注意、再発した場合は処分があります。

お店の中にいる時に、お客さんから登録してもらえる仕組にした方が、会員数は集まりますし、手間もかかりません。

余談:新規と既存相手では、メルマガで送る内容が違う。

お店に来店経験のない人を相手にしたメールマガジンとお店に来たことのある人へのメールマガジンでは、そもそも内容が異なります。(一緒にしているところは要注意!)

新規のお客さんを相手にするということは、つまりは客数を増やすこと。目的は成長の為です。とりあえず、お店に来てもらいサービスを体験してもらうことに意味があります。美容院やサロンなどは、ご新規様限定と銘打って、新規限定料金で集客することが一般的です。

それに対して、既存のお客さんの場合、平均購入回数を増やし、安定性を増すことが目的になります。ここで利益を出すことが重要です。つまり、料金よりもサービスを提供することが大切になります。

もし、新規と既存をごちゃごちゃにしてしまった場合、顧客が得する内容に統一しなければなりません。つまり、安売りクーポンに統一され、顧客単価が下がり、売上ダウンの要因にもつながってしまいます。

お店の場合、携帯に届くことが重要。

当たり前のお話ですが、24時間パソコンの画面の前にいる人はいません。

パソコンを対象にしたメールマガジンは、頻繁に送らないとチェックされない可能性の方が高く、リアルタイム制を要求されるお店の集客にはあまり向きません。

ですので、携帯を対象にメールを届けるということが大事になります。

ここで大事なのは、各メルマガの携帯への到達率です。言っておきますが、100%のものなんてありません。高い数値を出しているメルマガは利用料が高いです。月額にすると、5万円以上はします。また、今回取り上げている2,999円以下という数字は、極端に携帯に届かなかったり、迷惑メールに送られたりするメルマガ運営企業が多い価格帯だからです。

お店の場合は、「携帯電話に特化している。」という文言で謳っているメールマガジンと契約したいところです。

どこのメールマガジンがいいのか?

ケースバイケースな上に、長所と欠点がそれぞれにありますので、いちがいには言えません。

開業して1年以内程度のお店でしたら、初期費用も月額も押さえたいところですので、月額3,150円〜のスターセブンで始めるということがいいと思います。実際にうちのクライアントさんも使っています。

機能も同一価格帯ではトップクラスで、クーポンの綴り券を発行することができますし、ストーリーは1つのみですが、ステップメールも配信できます。何よりも携帯に特化しているので、携帯にもパソコンにも届きます。30日間無料体験版もありますので、とりあえず試してから本導入するでもいいと思いますしね。

最後に・・・

メルマガは、お客様の個人情報の一部であるメールアドレスを使って、コミュニケーションをしていくものです。

無料のものに載せるということは、その個人情報を売ったにも等しく望ましいことではありません。

また、仕事で使っていくものですから、最低限のコストはかけましょうよ。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング, 売上アップ

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.