集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

ブログ集客

稼ぐ媒体作りを今しなければならないのはなぜか?

投稿日:

WordPressの習得は、今の時代大きな武器になることは間違いありません。

自分で情報を発信することで露出を作ることができる力は、自分で見込み客を集める力があるということです。

自分で見込み客を稼ぐための媒体の構築は、新規顧客の獲得を圧倒的に楽にします。

本題に入る前に・・

なぜ、WordPressを選ぶのか?

rosygown / Pixabay

CMSでお気に入りのものがあれば、それを活用するのもありですが、世界でもっとも普及しているオープンソースであるWordPressには、他より勝っている点が多いです。

例えば、プラグインの開発が世界で行われていますし、テーマ(デザイン)の開発に参入している業者も多いです。日本でもWING(Affinger)やEmanonなどがあります。

また、WordPressは、難しいと言われていますが、慣れていないと難しいのは設定であり、WordPress自体の活用自体は、利用する箇所が決まっています。

案内WordPressの使い方がわからない、媒体作りに興味のある人はこちら

また、ブログサービスのサービスを使うと、各サービスの利用ガイドラインや方針で縛られることになります。例えば、はてなブログの場合、独自ドメインの設定ができますが、独自ドメインSSLの設定ができなかったり、規約違反を行うと、コンテンツが非公開になったりします。

これらを踏まえると、稼ぐ媒体作りには、WordPressが一番手堅い選択肢になります。

見込み客の定義

Free-Photos / Pixabay

見込み客は、媒体の目的によって定義が違います。

例えば、広告媒体の中でもアドセンスの場合は、PVを稼ぐことが目的になります。そのため、見込み客は、「訪問するあらゆる人」もしくは「なし」になります。

アフィリエイトや販売したい商材の場合は、「その商品を購入する可能性が高い人」を指します。

この記事に関しては、アフィリエイトや販売したい商材があるブログを前提にします。

強い記事がたくさんあったほうが良い。

NeuPaddy / Pixabay

稼ぐ媒体の大前提として、SEOでも結果を出していることになります。

ただし、サイトを運営したことがない人のイメージとしては、トップページで1つのキーワードで上位表示をイメージする人が多いようですが、それよりも圧倒的に、記事ページが上位表示することが多いです。

強い記事があればあるほど、媒体としての価値が高まります。

稼ぐ媒体作りが必要になっている理由

人材の獲得が難しくなっている。(効率化が求められる。)

geralt / Pixabay

今の時代、人材の獲得が難しいということで頭を抱える企業が増えていると思います。

人材の獲得が難しくなれば、一人あたりの労働が増加します。

何も行わなかったら、ブラック企業化が進みますので、離職率も上がり、人材不足が原因でできないことがどんどん増えてきます。そして、ストックもどんどん減ってきます。

例えば、新規開拓の営業活動や人材獲得広告が出稿できないなどに結びつきます。

媒体作りができるようになれば、新規開拓を自然と獲得できるようになりますし、媒体に人材募集を掲載することができます。

実際、小さな企業の場合は、自社媒体を強くすることで、これらを行い、最低限の社員とアルバイトで運営している企業が増えています。

広告費も高騰しているから

2017年にインターネット広告の市場は、1.5兆円になっています。これは、総広告費の4分の1に迫っており、2012年に比較すると、市場規模は約2倍になっています。

この中で、運用型の広告は77%を占めています。

出典2017年、日本のインターネット広告費は1.5兆円。総広告費の1/4に迫る【電通調べ】

このことから、運用型の広告に参入している企業が増加していることになり、広告費が高騰していることになります。

広告費に制限がある企業からすれば、費用対効果が下がり始めるまで投資し続けることが難しいことがほとんどです。

そのため、媒体を育てる選択肢が優先されます。

ただし、自社媒体の育成にかける育成費用も高騰化しています。そのため、できるだけ早く媒体を育成することが重要になっています。

では、稼ぐ媒体をどのように作るのか?

では、媒体作りをどのように行えばいいのでしょうか?

見込み客が求める役立つサイト作りを意識する。

Free-Photos / Pixabay

媒体作りというと自社商品の紹介をベースにして考えがちですが、その商品が知名度が高い商品で元から売れているものならばいいのですが、ほとんどの商品は、知名度が足りません。

また、その商品紹介のみでは、集めることができる人は、見込み客ではなく、既存客に限定される可能性が高いです。

そのため、中心に置くのは、商品ではなく、見込み客です。

見込み客が求めるコンテンツの媒体を作ることで、見込み客が集まっている状態を作ります。

なおかつ関連性の高いコンテンツを選ぶ。

geralt / Pixabay

もちろん、見込み客を中心におけば、ジャンルはなんでも良いわけではありません。関連性のあるテーマでなければなりません。

お酒のページなのに、いきなりゴルフのドライバーのセールスページが掲載されていれば不思議に思います。

見込み客が興味を持ち、自社商材との関係性が遠くないテーマ内で媒体作りを意識することが必要になります。

見込み客は大きく設定する。

12019 / Pixabay

マーケティングで有名なターゲティングの手法はペルソナですが、ペルソナを設定してしまうと、コンテンツの作成の幅が決まってしまいます。(俗にいう縛りが厳しいため、ネタが書けない現象に至ってしまいます。)

ペルソナは、商品の開発などでは使うことができます。

ナンバーワンを意識する。

FirmBee / Pixabay

市場の原理で、一位が二位以下よりも優位に立つことがあります。

そのため、媒体も特定分野に特化させて、どの媒体よりも強い存在感になることが、企業の存在価値を高めることになります。

稼げる最低環境で媒体作りは実施する。

sasint / Pixabay

格安のレンタルサーバーを選択する人もいます。

しかし、動作が安定しなかったり、表示速度が時間帯によっては不安定になることがあります。しかも割と頻繁にあります。

表示速度は、読まずに離脱される確率をあげる要因になってしまいます。

特に、スマホで閲覧される機会が増加しているので、wifi環境よりも圧倒的に接続速度が遅い環境では、レンタルサーバー側の理由で表示速度が遅くなるなんてありえないわけです。

安定した環境でかつ独自ドメインSSLが使える環境の選択肢は、今のところの最善の選択肢はエックスサーバーになります。

出典Xserverの詳細はこちら

キーワードを決めたら、何を求められているのかをチェックする。

TeroVesalainen / Pixabay

ブログ記事を書いても上位表示ができないことを相談されると、記事を見せてもらうようにしてもらっています。

その記事を見てみると、狙ったキーワードに対して、伝えたいことだけを並べているだけだったりします。これでは、そのキーワードを検索している人のニーズとズレが発生している可能性が高いです。

お店で繁盛させたいなら、繁盛店を視察します。同じように、ブログで上位表示をさせたければ、実際に上位表示されている記事をみて、「なぜ上位表示されているのか?」をみます。

何が求められているのかを推測し、それに沿ったネタを書くことは、上位表示するためには最低限です。もちろん、同一水準では、抜くことはできません。そのため、実際に上位表示されているコンテンツを超えるようなコンテンツを作らないと上位表示はできませんので、注意が必要です。

フレームを事前に作ってから書く。

Free-Photos / Pixabay

「どのような記事を書いて、最終的にどこに着地するのか?」

全体の構成を簡単に考えます。これがないと、途中で何を書いているのかわからなくなり、せっかく文字数を書いたのに、何を言いたいのかわからない記事になってしまいます。

結論が明確ではない記事は、求められているコンテンツになっているとは言えません。そうなれば、離脱の原因になってしまうため、アクセス数は集まるけれども、成約率が低い媒体になってしまうことになります。

ちなみに、このフレームの部分の文字数が多ければ多いほど、記事全体のボリュームが大きくなります。長文が必ずしも上位表示するわけではありませんが、それでも強いことは間違いがないので、この部分の作り込みに時間をかけます。

書く文字数の目安を作る。

geralt / Pixabay

関係性のないことで文字数を稼ぐことは逆効果ですが、文字数があったほうが深みがあります。

そのため、上位表示しているコンテンツは、長文で構成されているものが今も多く、ある程度の文字数以上をノルマにすることは、媒体を強くする効果が期待できます。

私の場合は、ニュース性の高い記事を書くときは、1,500文字程度を目処にし、通常のコンテンツは、3,000~25,000文字で考えています。
ずいぶん差があるのは、概念系のキーワードの場合は、調べる人が多種多様になるため、ニーズがばらけているからです。それらのニーズはほぼ拾い上げることを心がけています。

中古ドメインなど効果のあるものは積極的に導入する。

EstudioWebDoce / Pixabay

ホワイトハットSEOvsブラックハットSEOの構造でどうしても捉えがちになりますが、完全なホワイトハットSEOでは、どうしても効果が出るまで時間がかかってしまいます。

このサイトを強くする過程では、中古ドメインを使っていませんが、ナチュラルリンクを自然に獲得できるようになるまでにはどうしても時間がかかります。

中古ドメインとは、過去に使われていたサイト次第では、最初からドメインパワーを持っている場合があります。このパワーを取り入れることで、上位表示されるまでの時間を短縮することが期待できます。

もちろん、この中古ドメインが海外のサイトに使われていたり、関連性がないものであれば効果は小さいですし、なんらかの不都合で手離された可能性があります。導入にはリスクも吟味する必要があります。

中古ドメインの購入は、アクセス中古ドメインがおすすめです。購入前に販売されるドメインがわかりますので、過去に何に使われていたドメインなのかを調査することができるからです。

出典中古ドメインでSEOを成功させる【アクセス中古ドメイン】
 

稼ぐ媒体のあればビジネスも拡大しやすい。

自社媒体に力を入れると、もちろん自社商材の販売数も増加しますが、見込み客の数と濃さを利用して、広告収入を得ることもできます。

かかったコストの回収も楽であるのも、自社媒体の特徴です。

以下お知らせです。

このサイトの運営自体は、2011年から行っておりますが、さまざまな施策を行った結果、長い期間伸び悩むことになりました。

こんな感じです。1点がすごすぎて、とんでもないことになっていますが。

そこで、2016年から方針を変えて、SEO対策に力を入れることにしました。その結果、集客や集客力などのキーワードで上位表示することができました。

(6月10日現在)
集客 2位
集客力 1位
飲食店 集客 1位
美容室 集客 1位
集客代行 1位

これらの対策をどのようなものを行ったのかを紹介する特典を期間限定で会員制サービスに紹介します。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-ブログ集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.