080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客

店舗のホームページの集客力を最大にするためのポイントとは?

店舗のホームページは、お店の存在を理解してもらうために作成するものではもはやありません。これは、店舗名で検索すると、Googleマイビジネスの方や予約サイトなどが先に表示されるためです。

TwitterやInstagramなどを含めると様々なインターネット上のコミュニケーションがありますが、それでもホームページはとても重要です。では、店舗のホームページの集客力を最大化するためのポイントについて紹介したいと思います。

Googleマイビジネスの設定を万全に行う。

まず、設定として重要なポイントは、Googleマイビジネスです。これは、Googleマップ検索や屋号検索をした場合に一番最初に表示される部分であるからであり、Googleマイビジネスで興味をひかないと、もっと情報を知りたいと思わないからです。

Googleマイビジネスでは、クチコミ、メニュー、店舗の概要などを伝えることはできますが、空間、スタッフ、その店舗にまつわるストーリーなどの来店に繋がりやすい情報を掲載することができません。そのため、Googleマイビジネスとホームページのラインは新規のお店を開拓しようとしている人を迎える受け皿として成立するわけです。

Googleマイビジネスの設定では、店舗の適切なカテゴリー設定、営業時間などの基本情報の設定の他に、お店の魅力や売りとなる商品や空間の画像を豊富に掲載した方が有利に働きます。これらの投稿数を増やすことで、Googleマイビジネスへの流入が増え、近隣からの閲覧を増やすことができるからです。

クチコミの自然増加は、価格の手頃さに依存します。例えば、ランチが手頃な価格のお店では来店客数も多いため、黙っていてもクチコミが増えます。ただし、価格が安いほど、客層も広くなるため、評価が安定しないことには注意しておきたいところです。

【無料】集客支援人に相談する。

サクセスパートナーでは、サイクルの小さなマーケティングの立案および集客の支援を行なっております。

ズームでの無料相談受付中!!
先着順に日程は決定します!!

  1. 新しいマーケティングの施策を実施したい
  2. 脅威に対するマーケティングのカードを作りたい
  3. マーケティングで何を行なったらいいかわからない。

ホームページには来店動機につながる情報を中心に掲載する。

例えば、飲食店では、料理がもっとも大きな来店動機になりますが、空間(清潔さ)、雰囲気(居心地)、客層、コスパが上位の来店動機に入っています。また団体予約の場合は、個室の有無やサービスも選考基準になります。

これらの店舗選びの基準を満たし、来店動機を作り、来店を促すことができるのが良い店舗用ホームページです。

店舗では、視覚的に理解できる画像の活用が特に重要です。それぞれの事実を適切に表現するコピーライティングを添えることで、機能性が向上します。

最新情報の確認がとれる。

店舗のホームページの中には、開業以来全く更新していないものまであります。今何をしている店舗なのかがわからないホームページでは、来店動機が起こりづらく、また無用な電話によるお問い合わせが増えてしまいます。それを防ぐ意味でも、ホームページには、最新情報を伝える項目が必要になります。

店舗側で運営を可能にするため、作成段階で、CMSを組み込んでおく必要があります。CMSとは、管理システムのことで、ブログ感覚情報を追加、編集することができます。代表的なCMSにはWordPressがあります。

どこを閲覧すればなんの情報を入手できるのかがわかる。

ホームページの中には、どこになんの情報が掲載されているのかわからないものがあります。

来店を検討している人のニーズはそれぞれです。そのため、欲しい情報はバラバラであり、行動も全てが一緒のわけではありません。

そのため、どのページでも来店動機に対応したコンテンツにアクセスできるように設定し、わかりやすいものでなければなりません。

特に、店舗であれば、スマートフォンで閲覧されることが前提になります。ヘッダーエリア、コンテンツエリア、フッターエリアで分割して考え、そこから欲しい情報が掲載されているページに円滑に移動できるように設定します。

作成の際の注意点

  • ホームページは作成しただけでは、誰にも閲覧されないチラシと一緒。マーケティングによる認知活動がとても重要になる。
  • デザイン重視や機能性重視など求めすぎない。表示速度が遅れる原因になる。基本的にモバイル通信で検索されるため、表示が1秒遅れるごとに集客力は低下する。
  • あまりコストをかけすぎない。小規模持続化補助金などを活用して負担を小さくする。ローン型のプランニングは、将来の販促費をチラシに投資するのと同じ意味であり、打ち手を極端に減らす。

【無料】集客支援人に相談する。

サクセスパートナーでは、サイクルの小さなマーケティングの立案および集客の支援を行なっております。

ズームでの無料相談受付中!!
先着順に日程は決定します!!

  1. 新しいマーケティングの施策を実施したい
  2. 脅威に対するマーケティングのカードを作りたい
  3. マーケティングで何を行なったらいいかわからない。

店舗用のホームページの作成は集客作戦本部まで

自然集客を増やす施策の一つとして、ホームページのプランニング、作成を集客作戦本部でも実施しております。

来店動機に基づいた合理的なコンテンツ設計はもちろんのこと、Googleマイビジネスの設定を適切にすることで、近隣からの顧客獲得をスムーズにします。ホームページ制作、運用についてご相談を気軽に受け付けております。

詳しくはコチラ

集客に関するお悩みのキーワードを入力ください。

この記事を書いた人

-集客

© 2021 集客作戦本部 Powered by AFFINGER5