集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング 売上アップ

マクドナルドの過去最高益を獲得した営業戦略

投稿日:

先日、偶然昼の番組で、マクドナルドが過去最高益を出したということで、その秘密を探る特集をやっているのをみました。

流石、飲食店最大手のお店。突拍子のないことをやるのではなく、「基本に忠実に!」という感じでした。

客数>客単価戦略

売上を構成する要素は、客数、客単価、再来店頻度ですが、マクドナルドの場合、客数と再来店頻度を向上させることを優先しているとのこと。

番組では、客数>客単価とまとめられていましたが、実際のところ、期間限定バーガーは価格がどれも高いのに、出れば売れているんですよね。全く客単価の向上を考えていないことはないと思います。

集客数を増やす工夫は、期間限定バーガーのリリースや期間限定クーポンなどで来店の理由を作ること。

そして、面白いと思ったのが、マクドナルドで最も力を入れているのがコーヒーだそうです。

おいしいコーヒーを安価で提供することで、その味を気にいってくれれば、また来てくれることが望めるとのこと。

私は、あんまりマクドナルドのコーヒーは好きじゃありませんが、、喫茶店が近くにない時にマクドナルドに入り、コーヒーを注文する時が多いですね。どちらかというと、「味を気にいった」というよりも、「コーヒーがメニューにあるので入りやすい」という理由の方が私には合っている気がします。

また、マクドナルドは将来的な成長が望めない店舗を減らしています。それでも、集客数を増やさなければ売上は上がりません。

そこで求められるのが、1店舗1店舗の効率性だそうです。

例えば、メニュー作り。分かりやすいメニューにすることで顧客が迷わなくなります。また、厨房のスペースの広さを広くすることで作業効率を向上させているそうです。

更には、店内のレイアウト。都心などの場合、一人の利用客が多いので、一人席を多く作ることで、席に空席が出づらい状態にし、電源やインターネットを確保することで快適な場を提供していること。郊外の場合は、ファミリー層が多いので、ファミリー向けのレイアウトにしているそうです。

これは、大手だから、、、の戦略ではない。弱小企業だって真似出来る。

マクドナルドの戦略をみていて思ったことは、最初にも書いた書いている通り、「基本に忠実」だということです。メディアに紹介される大手の戦略は、ブランド(ネームバリュー)が鍵だったり、多額の広告費をかけていたりしているので、中小企業には真似できないことが多いです。ですが、今回のものは、見習える部分が非常に多いことに気がつきます。

そもそも、マクドナルドも多額の広告費を投じていますが、費用対効果の面で再来店頻度を向上させる仕組みがなければ、売上は向上するかもしれませんが、利益は向上しませんね。つまり、再来店頻度を向上させる仕組みがあるから、多額の広告費をかけることができるんですよね。

ここでも紹介している通り、再来店頻度を向上させる手段は、「DMやメルマガを送る」だけではありません。

そもそも、これらのコミュニケーション手段でいくらクーポンを送ったとしても、そのお店に行く気が1%でもなければ眼中に入りません。「あー、また?」「販促乙ww」と思われるのがオチです。

「また、行こうかな?」と思わせる基本設計こそが、ソーシャルメディアで云々よりも大事なことなんですよね。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング, 売上アップ
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.