080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

ブログじゃ書かないネタをなぜメルマガで書くのか?

投稿日:

昨日はブログの方を更新しなかったのですが、メルマガは出しました。

先日の「ブログはコンテンツの一部に過ぎない」にも関連しているのですが、わたしの場合は全部をブログで書いているわけではありません。正直、書けないんですよね。

わたしの場合は、実名も出してますし、写真も出していますし、住所も出しています。自己成長の為にブログをニックネームで執筆している方とは違って、書いたことに責任もありますし、リアルでおもむろにしっぺ返しが来ます。

過去にツイッターで男同士のフェ○を公開した明大生がいましたよね。今の時代、ウェブ上に公開したものは画面キャプチャーで画像保存もできますし、動画保存もできます。魚拓を使って閉鎖したホームページのログすらとることができます。結果、リアルはどうなったか分かりませんが、ツイートを消したにも関わらず、写真が広がってしまいましたよね。

情報を誰にでもノーリスクで見せるということはそういうことなんです。

『でも、メルマガも登録すれば誰でも情報を受信できますよね?』

と賢い人は思うかもしれません。その通り!メルマガにしても、誰でも登録出来る以上同じように責任は生じます。でも、メルマガは、誰にでも検索されるわけではありません。また、ツイッターやフェイスブックでシェアされて炎上するわけでもありませんよね。

使う媒体に応じて、仕組みが違うので、特性も役割も異なってくるのです。

だからこそ、わたしの場合は、ちょっとめんどくさい人(特に目ん玉がキラキラしている人、○○教にどっぷりはまっちゃっている人など)が絡んできそうなものは、ブログではなくメルマガに書く場合が多いんですよね。

わたしのメルマガはこちらから登録

余談になりますが・・・

『今の時代はソーシャルだ。』

『ビジネス活用と言えばフェイスブックらしいね。』

『うちでもフェイスブックをやるぞ!フェイスブックページを作るぞ!』

こんな会議があるかないかは分かりませんが、たいてい何も分からずキーワードで突っ走るところは失敗しますmm。その末路が2chまとめサイトに載ってましたね。本当かどの程度作り話が入っているかは分かりませんが、ログを見る限りほぼリアルな内容だと思います。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.