080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 マーケティング コンテンツマーケティング

なぜ、私たちは無料で情報を出さなければならないのか?

投稿日:

コンテンツマーケティングは、当たり前ですが情報で形成されています。専門的で見込み客をうならせる情報がなければコンテンツマーケティングを行うことは不可能です。これからしっかりマーケティングを行っていきたい方は、必ず情報収集をする癖をつけるようにしてください。

ここでよく言われることがあります。

「情報を出さなければならないことは分かる。でもなぜ、無料で出さなければならないのか?」

もしかしたら、みなさんもこれと同じ疑問を抱えているのかもしれません。その答えを簡単にお話したいと思います。

無料情報に人は集まる。

例えば、みなさんもYahoo!ニュースを読んでいるのではないでしょうか?「あんな下世話なニュースしか扱わないところは読まない!」という方は、日経系のニュースサイトを購読料金を支払って読んでいると思います。

Yahoo!ニュースに人が集まるのは、自分の関心上の最新の出来事の大枠を知ることができるからだと思います。しかも無料で読むことができますので、購読者にはリスクがありません。また、詳しい情報を購読者はYahoo!ニュースに求めてはいません。

また、クックパッドのようなレシピを紹介するウェブサイトも人気なのは、「クックパッドをとりあえず見れば、今晩のおかずに何を作ればいいか分かるから」です。レシピは無料で購読することができる為、人がどんどん集まってくるのです。

マーケティングは、コミュニケーションを行う相手がいなければ始まりません。つまり、無料で情報を提供することで、スタートラインに立つことができるのです。

[note]勿論、選択肢の一つに広告を使うという手もあります。人を集める方法としましては最も効率的な方法ですが、入札価格の競争になったり、差別点のない商品を選ぶことが、消費者にとってだんだん難しくなっていることから、情報提供の重要さが日に日に増してきています。[/note]

人は納得できないものにお金を支払いたくない。

これは説明するまでもないと思います。日用品ならば、深い情報まで掘り下げずに試しに購入することはあると思います。ですが、購入金額の大きなものはそうはいきません。十分に商品を理解し、その商品の必要性と使った後の効果がイメージしづらいものにはお金は出したくはないと思っているはずです。

無料で提供された情報を通して、商品に対する納得が生まれてはじめて購買が起こります。もし、情報がなければ、見込み客は納得することができません。つまり、商品の購買は起こらないことになります。

情報の提供は、収集しなければできない。

最初にも書いた通り、十分に納得できる情報は収集しなければ提供できません。また、見込客側で理解できなければ意味がありません。その為、見込客が理解しやすいように情報は加工しなければなりません。手間はかかりますが、この部分をいい加減にするところと丁寧に行うところでは、出せるネタのストック量が違いますので、だんだん大きな差になってきます。(もし、あなたがお客様でしたら、情報が豊富なウェブサイトとそうではないウェブサイト。どちらのウェブサイトの運営者をその道のプロとして認めますか?)

そして、最後にお話します。

ー無料で情報発信するのも決して楽ではない。でも、その先に道があるからやる価値はあるのだ。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング, コンテンツマーケティング
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.