集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略

一般店舗がネットショップを開設するメリットと注意点とは?

投稿日:

-shared-img-thumb-OZPA89_yoshidanbo-ruakeyou_TP_V

マーケティングプロデューサーの小形です。

だんだん客足が遠のいている店舗が導入を検討しがちなのが、ネットショップです。

さまざまな理由から考えます。

人口減少が顕著だったり。高齢化が進んでいる地域も場合もそうですね。あとは、仕事が忙しい働き盛りの層を対象にしている場合もそうです。

そこでネットショップの開設を検討すること自体は否定しませんが、少々考えた方がいいと思うことも多いのもまた事実です。

ネットショップ開設のメリット

私のクライアントのサント薬局さんは、古くからネットショップを導入しています。

黒酢などの健康食品を販売していることもあり、商圏も一般の薬局より圧倒的に広く、何度も足を運べるわけでもないお客様がいるからです。

一般店舗がネットショップを開設することで、忙しいことが理由の離客を防ぐことができます。顧客リストをたくさん保有している一般店舗の場合は、この恩恵が最も大きいと思います。

また、頑張れば、そこから新規のお客様を獲得することができます。一般店舗の場合、どうしてもネット通販が片手間になってしまうことが多く、そこの販売数を主に伸ばしたいと考えているところも少ないため、そんなに新規の顧客獲得に結びつくことはありません。

ネットショップ開設のデメリット

手間がかかります。小さく始めた一般店舗のネットショップの配送は全部自分で行わなければなりません。

また、手数料や配送経費も馬鹿になりません。配送用の梱包費用、支払い手数料(クレジットカード、代引手数料)、送料、人件費などなど。

似たような商品があれば、価格比較のリスクにさらされるのもまた事実です。

ネットショップ開設をすすめることができる業者とすすめられない業者

ネットショップ開設をお勧めできる業者

  1. マニアックな商品を取り扱っている。顧客もマニア。
  2. 顧客数がそもそも多い。経営的に余裕がある。
  3. リピーターが商品特性上多い。

ネットショップ開設をお勧めできない業者

  1. 商品がどこかで見たことがある。
  2. ネットショップ開設が最後の切り札だと思っている。
  3. リピーター作りが困難である。

ネットショップ開設にはお金がかかります。開設を無料で行うことができるBASEもありますが、掲載できる情報に制限があるために、本当にリピーター用の購入サイトといった感じになります。

それ以上にお金がかかるのは、その後、新規顧客を取りに行くと決めた場合の広告費です。広告費をPAYするためには、LTV(ライフタイムバリュー)という考え方が重要になります。

LTVとは、その獲得した1件から獲得できる生涯利益のことで、リピーターになってもらわなければLTVは小さくなり、広告費をPAYすることができません。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.