集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

気になるニュース 集客

[集客関連ニュース]なぜ、カカクコムの最安店に注文が殺到しないのか?

投稿日:

特にはてブお願いします。

深夜でも暑い!ブログをせっせと更新しているサクセスパートナーのおがたです。

さて、気になる記事が何本かありましたので、本日はまとめて紹介いたします。

なぜ、カカクコムの最安店に注文が殺到しないのか?

 「利用者は未知のショップに個人情報を登録するよりも、アマゾンのような大手ショップを選ぶようだ。最安値となることは少なくとも、妥協できる程度の値付けがされている。また規模が大きいため、ひとつのサイト内でさまざまな商品を比較、検討できるのも強みだ」

引用 Sankei biz

安かろう、うまかろうはもう過去のお話。

最安値の集客力は確かにすごく、最安店の常連であるECカレントが1億5,000万円の脱税をしたほどです。

ですが、安値競争は、顧客と販売元の妥協点探りであり、小規模店舗では顧客満足度を維持して安価売りができない状態になっており、そのことを消費者も気づいています。

少々高くても、間違いのないアマゾン。そのように選択したい気持ちは分かりますよね?わたしもそうですし、たぶん、この記事を見ている皆さんもそうだと思います。

(アマゾンも個人商店の集まりなんですがね・・・)

「ソーシャルバブル破裂」フェイスブック、グル―ポン成長にかげり

売りが売りを呼ぶ「ソーシャル・バブル」破裂は資金循環の悪化につながる。SNSからは、駆け込み的に増資を引き受けた投資家が、上場直後に売り逃げる現象が目立つ。グルーポンは上場した昨年11月から77%も株価が下落した。高い話題性に目を付け、短期の上場益にあやかろうと世界中の投資家がSNS株に群がったのも、バブル破裂の一因になった。

引用 Sankei biz

SNS全体のビジネスモデルへの不安がアメリカでは爆発した模様です。

日本でもてはやらされているフェイスブックは上場以来36%ダウン。

もともとビジネスモデルに無理がある共同購入サイトの筆頭のグル―ポンは77%ダウン。

広告モデルからのシフトが今後求められており、最近ではコンテンツ販売、EC事業に参入する媒体が多いですよね。

生ビールの原価は1杯200円で、ウーロンハイは1杯20円

「生ビールは20リットルの樽を9000円で仕入れてる。1杯の原価は200円弱。ウーロンハイなら1杯の原価は20円。生ビールは450円、ウーロンハイは300円で出しているけど、ウーロンハイの方が利益は大きい」(居酒屋店店主)

引用 ポストセブン

記事では、原価率の低いウーロンハイを頼めば、居酒屋は喜ぶと書いていました。が、激戦を強要されているいま。喜んでいては駄目です。

原価が安いのであれば、無料~50円で提供し集客のトリガーに使い、料理で利益を回収したいところです。

アップル、ツイッターに数億ドルの投資検討か

ツイッターの時価総額は100億ドル(約7840億円)以上とされ、アップルは数億ドルの投資を検討中という。ただ、現時点で交渉は行われておらず、両社が合意するかどうかは不明だ。スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」などで先行するアップルは、ソーシャルメディア分野の強化で、携帯端末や応用ソフト、音楽や動画などコンテンツ(情報の内容)の販売との相乗効果が大きいと判断しているとみられる。

引用 Yahoo!ニュース

Mac、iOSとより密着になるのでしょうか?Twitter。

いいとは思うのですが、動作の不安定さと400人フォローしただけでアカウントが凍結してしまう現象をなんとかしてほしいですね。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-気になるニュース, 集客
-, , ,

【~8/17 期間限定】訪問数倍増、売上アップを果たしたブログ集客術サービスを確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.