080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

ホームページから注文どころか問合せもないありがちな理由。

投稿日:

キーボード

ホームページでもブログでもそうですが、問合せすらないものにはなんらかの理由があります。

その理由の中で最もありがちなものが、絶対的に見込客からのアクセスが少ないケースです。

一部の人は勘違いをしている。

「目立つことが最も大事なんだよ。」・・・名前は伏せますが、こんなことを言っていたコンサルタントがいました。今現在も同じことを口にしているのかは知りませんが、闇雲に目立ちたいのでしたら、芸能ネタばかりブログに書いていればOKです。今ですと、元モー娘の矢口が不倫相手と関係を断ち切ってないことだったり、山本太郎の言動まとめたり、下世話な話題がたくさんあると思います。

しかし、こんなことをやらないのは、こういったネタを読みに来た人が、自分の商売の顧客になる見込みがないからなんですよ。ですので、こういった情報サイトの多くは、クリックされれば報酬がもらえる広告をはったり、数打ちゃ当たるアフィリエイト広告を設置しているのです。

単なるアクセスには全く意味がありません。興味関心を持っている人から見込のあるアクセスを集めなければ全く意味がないのです。

ネット広告に対する誤解

「売れてないので、広告をかけることができない。」という方がいらっしゃいます。というか、全くネットの世界を知らない方はほとんどこのように口にします。

売れている会社は売れているから広告をかけているのではありません。見込客を集めたいから広告をかけているのです。その結果、売れているのです。この辺を勘違いしてはいけません。

また、膨大なコストを用意しなければならないと思っている方もいらっしゃいます。フリーペーパーや野外広告、電車の車両広告とは違って、年齢/エリア/興味関心にまで制限を加えて広告を出すことができますし、「クリックされていくら?」の世界ですので、はじめること自体は1,000円でも可能です。もちろん、これでは効果を発揮することができません。最初は5万円くらいかけて設定の調整を行い、顧客の獲得単価を最適化しつつ、欲しい顧客数分だけ予算を投入します。

見込み客を集める努力をしよう。

ホームページの集客は、見込客の数と成約率(顧客化に成功した割合のこと)の積です。見込客の数が少なければ注文件数も少なくなりますし、ゼロならば成果もゼロです。

アドワーズの無料でもらえるクーポンを利用しつつ、ネット広告にチャレンジしてみたり、Facebook広告をはじめてみたり。お金がないならば、ブログを利用して記事数を増やし、SEOを行ってみたり。できることはたくさんありますよ。いままでそれを無視してきたのが、成果が出なかった最大の理由です。

この辺を「めんどくさい」の一言で済ます人は、ネットでの集客を諦めた方がいいと思います。

尚、メルマガではブログと違ったオリジナルコンテンツを配信中です。このブログでは書かないこともメルマガに結構書いています。興味のある方は、以下のフォームからメールアドレスをご登録ください。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.