初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

集客力の強いオウンドメディアの作り方と成功のポイント

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。
集客力の強いオウンドメディアの作り方


オウンドメディアは、企業や個人が自らのブランドやサービスを強化するための非常に効果的な手段です。しかし、ただ存在しているだけでは意味がありません。集客力が強いオウンドメディアを作ることで、ビジネスの成長やブランドの確立が加速します。この記事では、集客力を高めるためのオウンドメディアの作り方について詳しく解説します。

目次

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、企業や個人が自ら所有・運営するメディアのことを指します。これには、企業の公式ウェブサイト、ブログ、ランディングページなどが含まれます。オウンドメディアは、他の広告媒体に依存せずに、自由に情報を発信できるプラットフォームです。そのため、ブランドメッセージを一貫して伝えることができ、顧客との信頼関係を深める効果があります。

オウンドメディアを作成するメリットとは?

オウンドメディアは、「製品やサービスの価値を広めるマーケティング」と「人材の採用」に作成するメリットがあります。

マーケティングでのメリットとは?

オウンドメディアはマーケティング面で多角的なメリットを提供します。ブランド認知度の向上、SEO対策、顧客とのエンゲージメント強化、データ収集が可能であり、さらにリードの獲得も効率的に行えます。特に、無料のガイドブックやウェビナーを提供することで、顧客の連絡先を得ることができ、これが後の営業活動やメールマーケティングに役立ちます。多くの販売者にとって、これらの要素はコスト効率の良いマーケティング手段として非常に有用です。

人材採用面でのメリットとは?

オウンドメディアは採用面でも大きなメリットを持っています。企業文化や働き方、社員の声を一貫して発信することで、求職者に対する企業の魅力を高めます。さらに、高品質な採用情報を提供することで、採用コストを削減し、自然と優秀な求職者が集まるようになります。オウンドメディアを通じて関心を持った求職者とのコミュニケーションも可能で、将来的に採用する可能性のあるタレントプールを形成できます。採用プロセスの透明化も図れるため、求職者からの信頼も高まります。

タレントプールとは、将来的に採用したいと考える人材のリストやデータベースのことです。このリストには、すでに一度接触を持った求職者や、スキルと経験が企業のニーズに合っていると考えられる人々が含まれます。このようにして「採用の候補者リスト」を事前に作っておくことで、急な採用ニーズが出たときに素早く対応できます。

集客力の強いオウンドメディアを作成するためには?

優良な顧客や求人者を獲得するために押さえるべきポイントを紹介します。

高品質なコンテンツを配信すること

高品質なコンテンツとは、訪問者にとって価値のある情報や知識、解決策を提供するものです。このようなコンテンツは、専門的な知識、深い洞察、またはユニークな視点を必要とします。例えば、業界のトレンドについての深い分析、専門家のインタビュー、実用的なハウツー記事などが考えられます。

高品質なコンテンツは、読者の問題を解決するだけでなく、ブランドの信頼性を高める効果もあります。また、SEO対策にも寄与するため、検索エンジンからの流入も期待できます。さらに、ソーシャルメディアでシェアされやすく、口コミによる拡散も促されます。

重要なのは、高品質なコンテンツは一度作成したら終わりではなく、定期的な更新や改善が必要です。市場や顧客のニーズが変わる可能性もあるため、常に最新かつ正確な情報を提供することが求められます。このようにして、高品質なコンテンツはオウンドメディアの集客力を高める鍵となります。

更新ができる独自ドメインのオウンドメディアは、自作する場合は、WordPressを使うのがおすすめです。構築の方法は、ブログと一緒なので、以下の記事を参考にすると良いでしょう。

ユーザーフレンドリーなデザイン

ユーザーフレンドリーなデザインとは、訪問者がウェブサイトを簡単かつ効率的に利用できるように工夫されたデザインです。主な要点としては、直感的なナビゲーション、読みやすいテキスト、適切な配色、スマホやパソコンなどのデバイスごとにデザインが最適化されるレスポンシブデザイン、ページの高速表示があります。これらを総合的に考慮することで、訪問者はストレスなく情報を得られ、結果としてオウンドメディアの集客力とエンゲージメントが高まります。

また、成約率を向上するCTA(コール・トゥー・アクション)も重要です。これらは、ユーザーが次に何をすべきかを明確に指示するボタンやリンクのことです。

コストを削減し、WordPressで自作をするのであれば、これらの条件を満たすWordPressテーマを選択するのが良いでしょう。SWELLであれば、SEO対策やアフィリエイト用にCTAも豊富に用意されていますので、簡単です。

WordPressテーマSWELL

評価:

コアウェブバイタルのスコアが初期設定で高いため、記事コンテンツの作成に集中することができるWordPressテーマ。SEOが重要なアフィリエイトでも絶大な支持を集めている有料テーマ。

SEO対策

オウンドメディアには独自のコンテンツを掲載できるため、SEO(検索エンジン最適化)に有利です。良質なコンテンツを提供することで、検索エンジンのランキングを上げることが可能です。

ただし、マーケティングを目的にしている時は、キーワード選びが集客を決めてしまうので、月間検索回数や難易度の調査、現状分析をするための検索順位の変動を知ることが重要です。

SE Rankingは、SEO分析ツールの一種であり、コンテンツマーケティングに必要なSEOに関するデータを抽出することができます。

SE Ranking

評価:

SEO対策に必要な競合分析、キーワードごとの検索ボリュームチェック、サイトの検索順位チェック、被リンクチェックなどの機能を網羅。オプションでコンテンツ生成機能やMEO機能を追加可能。

ソーシャルメディアとの連携


ソーシャルメディアはオウンドメディアの集客力を高める際に有効な手段です。多くの人々にリーチでき、即時性とエンゲージメントが高いのがメリットです。また、基本的に低コストで運用できます。しかし、情報が流れる速度が速いため、効果的な露出を得るには戦略的な運用が必要です。さらに、ネガティブなフィードバックが公になるリスクもあり、その対応には慎重さが求められます。このように、ソーシャルメディアの活用は大きなメリットがありますが、その運用には注意と戦略が必要です。

メルマガ配信やマーケティングオートメーション


メルマガ配信とマーケティングオートメーションは、オウンドメディアの集客力を高める有用な手段です。メルマガは直接的なコミュニケーションが可能で、コスト効率も良いですが、スパム認定でメール全てが届かなくなるリスクや顧客の過度なソリューションがデメリットとなります。

一方で、マーケティングオートメーションは効率化とパーソナライゼーションが進む一方、初期コストや運用の複雑性がハードルとなる場合があります。それぞれの特性を理解し、効果的に組み合わせることで、より高い集客力を実現できます。

データ分析

アクセス解析を使うことは、強いオウンドメディアを作る上で非常に重要です。アクセス解析ツール、例えばGoogle Analyticsなどを用いることで、訪問者の行動や嗜好、どのコンテンツがよく閲覧されているのか、どのページで離脱しているのかなど、多くの貴重なデータを収集できます。これらのデータは、マーケティング戦略やコンテンツプランの調整、さらにはユーザーエクスペリエンスの向上に直結します。

また、アクセス解析を行うことで、投資対効果(ROI)を明確に把握し、マーケティング予算の最適化が可能になります。具体的には、どの広告やキャンペーンが効果的であるかを数値で評価でき、無駄な出費を削減することができます。

さらに、アクセス解析はリアルタイムで行えるため、即座に戦略を修正することが可能です。これにより、市場環境や顧客ニーズの変化に柔軟に対応することができます。

このように、アクセス解析はオウンドメディアの成功に向けて、多角的かつ具体的な情報提供をしてくれる重要なツールです。その活用により、より効果的なオウンドメディア運営が可能になります。

オウンドメディアの相場とは?

オウンドメディアにかかる費用は次の3つです。

  • オウンドメディア立ち上げ費用
  • 運用にかかる費用
  • 記事制作にかかる費用

オウンドメディア立ち上げ費用

立ち上げ費用は、プラットフォームの選定やデザイン、初期設定などによって変わります。一般的には、数十万円から数百万円が相場とされています。特にカスタマイズを多く行う場合や、専門のデザイナーや開発者を雇う場合は、費用が高くなる可能性があります。

運用にかかる費用

月々の運用費用もプラットフォームや使用するツール、人件費によって異なります。一般的には、数万円から数十万円程度が相場です。SEO対策や広告費、サーバー費用なども考慮に入れる必要があります。

記事制作にかかる費用

記事を自社で作成する場合、人件費が主な費用となります。外部のライターを雇う場合は、記事一本あたり数千円から数万円が相場とされています。質の高い記事を作成するためには、専門のライターやエディターが必要な場合もあり、その場合は費用が高くなる可能性があります。

また、AIライティングツールを使うことで、SEOに対応したコンテンツを用意することもできます。Transcopeは、ChatGPTでは難しいGoogle検索や競合検索を行い、分析をした後にライティングをするため、Google検索に強い記事をライティングすることができます。

トランスコープ

Transcope

評価:

ChatGPTの最新APIであるGPT-4を使用したAIライティングツール。Google検索の結果を反映し、長文のコンテンツを出力。SEO向けのライティングを効率化することが可能。

オウンドメディアを自作する場合の費用とは?

総合的に見ると、最低限の機能であれば数十万円から、多機能や高度なカスタマイズを望む場合は数百万円以上の予算が必要になる可能性があります。ただし、これはあくまで一例であり、具体的な予算はプロジェクトの規模や要件によって大きく変わることを理解してください。

プラットフォーム選定

WordPressなどの無料のCMSを使用する場合、この部分の費用は抑えられます。一方で、有料のCMSや独自開発を選ぶと、数十万円から数百万円が必要になる場合もあります。

デザイン

販売されているテーマを使用する場合は数千円から数万円で済むこともありますが、オリジナルデザインを依頼すると数十万円から数百万円かかる可能性があります。

コンテンツ作成

自分で記事を書く場合は人件費がかかりますが、外部のライターを雇うと記事一本あたり数千円から数万円が相場です。また、最近では、AIライティングツールを使う機会が増えていますが、ファクトチェックや校正の手間は相変わらずかかります。

運用費

サーバー費用やドメイン費用、さらにはマーケティングツールの利用費などが月々の運用費となります。レンタルサーバーを使えば、サーバー費用は、1,000円程度からかかり、ドメイン費用も年額で1,000円〜2万円と多種多様です。

その他

SEO対策や広告、データ解析ツールなど、その他の要素にも費用がかかる場合があります。

オウンドメディア構築は今後の集客を大きく変える。

オウンドメディアの作成は、今のビジネス環境において非常に重要な戦略です。なぜなら、オウンドメディアは単なる情報発信の場ではなく、ブランドの価値を高め、顧客との信頼関係を築くプラットフォームでもあるからです。また、SEO対策をしっかりと行えば、長期的に安定した集客が期待できます。

さらに、データ解析を活用することで、顧客の行動や嗜好を理解し、マーケティング戦略をより精緻に調整することが可能です。これにより、投資対効果(ROI)も大きく向上します。

もちろん、オウンドメディアの立ち上げと運営には初期費用と時間が必要ですが、そのリターンは計り知れません。特に中長期的な視点で考えた場合、持続的な集客と売上向上が期待できます。

このような多くのメリットを考慮すると、オウンドメディアの作成はビジネスにおいて避けて通れない道です。今すぐ始めることで、将来的な成功への大きな一歩を踏み出しましょう。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次