集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング 気になるニュース 集客

パンダアップデートの影響は?求められる今後のウェブサイトの運営

投稿日:

先週、日本と韓国で正式にパンダアップデートがなされ、webの業界では戦々恐々としているところもあるようです。

ちなみに私はと言いますと、ほとんど影響がありませんでした。むしろ、自分よりも上位に表示されていたwebサイトが自滅してくれたおかげで、今までよりも多くのキーワードで上位表示が出来ている具合です。

今回は、このパンダアップデートについて触れたいと思います。

パンダアップデートとは?

パンダアップデートとは、Google検索の結果を品質を高める為に実施されている検索アルゴリズム(法則)の総称のことを言います。

英語圏では、昨年から何度も実施されているものであり、今月の18日に日本語と韓国語に適用されました。(これはつまり、今後も何度も実施される可能性があるもので今回が終わりではありません。)

Googleの公式ブログによりますと、利便性の低いサイト、あまりユーザーにとって価値があるとは思えないサイト、コンテンツのコピーが目立つサイトは順位を下げ、良質なサイトの順位を上げるもので、今回のアップデートで約4%の検索のランキングに影響を与える見込みだそうです。

この1週間弱観察していると・・・・

今回の実施に併せて観察していたわけではないので、パンダアップデートが直接的な理由になっていたのかは不明ですが、以下のコンテンツを含むサイトおよび施策をしていたサイトのランクダウンが見られました。

・リンク集の割合が多いサイト
・更新頻度が乏しいサイト
・外部リンクのアンカー(テキスト)が単一のサイト
・外部リンクの供給元のサイトの更新頻度が乏しいサイト 

当然更新頻度が乏しいサイトですので、今話題のソーシャルによる評価もなされていないサイトだということも想像がつきます。

それに対して、ランクアップが見られたサイト

・更新頻度が高い。
・専門性が高い。
・テキストが多い。

基本的なことを全うに行っているサイトは安定しているか?他のサイトのランクダウンによるランクアップを果たしているようです。

また、更新頻度が高いことで、ある程度のソーシャルによる評価もなされていると考えられます。この部分が少なからず差になっているとは考えられます。

どの程度なのかは断定していうことは出来ませんが、Google+でシェアされると、比較的はやくインデックスされ、相応のランクに表示されている実感はあります。

対処としては・・・・

無料ブログを使わない。ウェブサイトとブログを同一ドメインで運用する。

アメブロが原則商用に使うことが出来なくなったからということではありません。

そもそも、無料ブログとホームページを併用することは、ドメインが分散してしまいますので、更新によって得られる旨味を手にすることが出来ないのです。

ブログとウェブサイトは同一ドメイン、少なくともサブドメインの関係になっていなければ、今後は安定した検索経由のアクセスを獲得できないことになります。

無理なリンクビルドはしない。

人によっては、もうアンカー(テキスト)リンクによる評価は意味がないと言っているところもあるようですが、そんなことはありません。

現に私のウェブサイトの上位表示は、アンカーリンクが大きく貢献しています。

相互リンクサイトやリンク集サイトなどの質の悪いサイトや検索エンジンの穴を狙ったスパム行為で上位表示を行ったサイトからリンクをかき集めようとするから評価が下がってしまうのです。

しっかり運用されたウェブサイトからのリンクならば全く問題はありません。(有料リンクは禁止されています。自分で構築するか、信頼できるパートナーに協力してもらえば大きな問題になることは今のところありません。)

ウェブサイトを専門性の高いメディアにする。

「ユーザーにとって価値がある」ということが今後の上位表示のポイントになるわけです。

今までは、何となくブログを書いていた人も、ウェブサイトとブログを統合し、専門性の高い専門サイトを作る勢いで、ユーザー目線のコンテンツを作っていくべきでしょう。この辺りのお話は、メルマガ特典の「ブログ経由の集客数を10倍にするテクニック」でも解説しています。

ソーシャルメディアは積極的に導入する。

一応断っておきますが、フェイスブックやツイッターにのめり込め!と言っているわけではありません。

ソーシャルメディア中毒になり、ブログの更新が全く進まなければ意味が全くありません。

日常のライフワークとして、ソーシャルメディアでつながるべき人とつながって、1〜2通の頼りを所有しているスマホやiPhoneから出し注目を維持し、ブログに誘導する位の努力は、予算が全くない中小企業ほど必要だと思います。

管理ツールの勉強をし、悪いところは早期に修正を加える。

サイト全体の健全度をチェックするGoogleウェブマスターツールとアクセス数を管理するGoogleアナリティクスで、定期的にメンテナンスをすることは重要です。

現に私の場合、bodyタグを消してしまい、そのまま運用していたことで長期間上位表示されなかった事態が過去に起こりました。(気がついて、修正して3日後に、2ページ目から3位にアップ。)

久々にツンデレちゃんを投入!!まあ、相談やいろんなところの情報を見ていると、ひっかかりそうな人が今後増えそうですので、保全の意味でシェアして頂けると助かります。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング, 気になるニュース, 集客
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.