集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

WEB戦略

飲食店がブログやフェイスブックに安易に載せてはいけない写真とは?

更新日:

写真が情報発信のキラーコンテンツになっていることは間違いありませんが、トラブルの火種になるかもしれないことは覚えておいた方がいいです。

小売店などは大きな問題になりづらいと思いますが、飲食店(特に、飲み屋)の場合は大きな問題に発展するかもしれません。

それは、「顧客の顔が写っている写真」を使う場合です。

ネットに掲載する場合は、事前に許可を得ることができるものでなければなりません。

例えば、たまたま写っていた人が、まだ未成年だったり、そこにいないはずになっている人だったりするかもしれません。(不倫、浮気etc)

実は、私もあんまり写真を撮られたくはありません。顔がでかいから・・・ということもありますが、行動を知られたくない人がいるからです。勿論、いかがわしい意味ではありません。身の安全のために知られたくないのです。

インターネットで写真は検索できますし、魚拓を使えば、ページ自体のログをとることができます。「コンサルの先生がやっているから!」といって、安易に真似しないようにしてくださいね。

また、同じくらい注意しなければならないのが、顧客がバカな写真を撮影しようとしている時です。ミニストップのアイスケースの件と同様に、背景から店舗が特定されるおそれがあります。度が過ぎている集団がいる場合は、注意することも必要になってきていると思います。

写真:ガジェット通信:https://getnews.jp/archives/386029

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略

今からスタートできるウェブ集客の仕組み

このコンテンツはもう読みましたか?
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.