080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

集客 飲食店の集客

ポケモンGOは集客にも使える可能性の高い次世代アプリ

投稿日:2016年7月19日 更新日:

ポケモンGO

ポケモンGOが世界を震撼させています。

私も初代ポケモンのコロコロ限定盤の青を購入し、ゲームボーイポケットのピンクで楽しんでいました。

任天堂が自社開発のデバイスだけではなく、スマートフォンに新進出。スマートフォンアプリの最高の後出しじゃんけんがこのポケモンGOかな?と思っています。

ポケモンGOとは?

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

『Pokémon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。
基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。(ポケモンGO日本オフィシャルサイトより抜粋)

ポケモンGOは位置情報を利用し、特定の位置にポケモンが登場。カメラ機能を利用すると、ポケモンが登場。それらのポケモンをゲットすることで、通常のポケモンと同様に戦わせたりすることができるようです。

世界中で7月に入り、続々とリリースされているのですが、日本の場合は、7月中とのことです。世界中で大ヒットしていることの裏で、夜の病院、動物園や警察に忍び込んだりと海外ではトラブルがかなりの件数で発生しています。おそらく、日本はうるさい団体が多いので、規制を加える必要があり、ローカライズに時間がかかるのではないかと思われます。現在までで世界35カ国でリリースされています。

ポケモンGOがすごい理由

アメリカが達成することができなかった「運動不足」の一つの解決策になっている。

ポケモンGOは、課金を除いて移動しなければポケモンを獲得することができません。また、卵のふかにはどうやら時速制限の移動が必要らしく乗り物での移動は無効のようです。つまり、歩かなくてはならないそうです。

肥満大国でもあるアメリカでは、家に引きこもっている人々がどうしても外に出なかったことに対して、ポケモンを探しに外に出るようになったなどの話もちらほらと現れ、ツイッターでは「子供の肥満問題に対してオバマ大統領が8年費やしても成し遂げられなかったことを、 ポケモンGOは24時間で成し遂げた」という言葉が拡散されています。

政治にも利用されているポケモンGO

ヒラリーは、オハイオ州の公式集会をポケモンGOのジムにも指定されているマジソンパークで開催し、その時間に課金アイテムのルアーモジュールを使ってポケモンを出現させるなど選挙にも使われている模様です。

また、トランプもポケモンGOに便乗する形で、ヒラリーをポケモンに見立ててゲットする動画をフェイスブックで公開し、話題に便乗する姿勢を示しています。

ポケモンGO公開以降任天堂の株価は2倍に

ポケモンGO公開以降、株価がモリモリと右肩上がりになり、ついに3万円を突破しました。これは、公開前の14,380円(6日)と比較すると2倍以上ということになります。

任天堂の株価

ポケモンGOはただのゲームではなく、集客にも使える?

ポケモンGOを利用して10ドルというわずかな投資で集客に成功したレストランが話題になっています。

ニューヨークにあるレストラン「L'inizio Pizza Bar」は、『Pokemon Go』のアイテム「ルアーモジュール」を利用し、集客に成功した。「ルアーモジュール」は30分間ポケモンを出現させる有料アイテム。ポケモンを捕獲したいポケモントレーナーたちは、ポケモンがいる場所に引き寄せられる。店のマネージャーであるショーン・ベネデッティさんは、この行動特性を利用し、10ドルで12のポケモンを店に出現させトレーナーたちを集客。売上を75パーセントも向上させた。(「ポケモンGO」でレストランが大繁盛 ポケモンを出現させる課金アイテム「ルアーモジュール」で集客

ポケモンGOブームの際にポケモンを店内にわかせることができれば、そこにポケモンGOのプレイヤーたちが訪れるのは容易に分かります。このお店では、課金アイテムのルアーモジュールを使い、ポケモンを湧かせました。その結果、たった10ドルの投資で売上を75%アップさせることに成功したそうです。ちなみに、ルアーモジュールは1個120円らしい。

ファミリー層が集客できる見込み

ポケモンプレイヤーは、年齢を選ばないのですが、日本の場合はちょうど親子2世代にわたってポケモンをプレイしている可能性が非常に高く、子供にせがまれてポケストップに訪れることもあるでしょう。

お父さん「ニドランゲットしてきたぜ。」子供「どこでゲットしてきたの?行きたい!」

なんて、親子のコミュニケーションツールとしても成立することが見込まれますので、飲食店や子供向けの小売店の集客ツールとして成立するでしょう。

問題はポケストップに店舗が指定されているのか?

では、どこでもポケモンを出現させることができるのかと言われればそうではない模様です。ルアーモジュールには、ポケストップにモンスターを出現させるという条件があり、大前提として集客したいポイントがポケストップに指定されていなければなりません。

上記のニューヨークのピザ屋さんは、偶然にも自店舗がポケストップでした。

では、日本の場合のポケストップは?リリースされてみないと実際にはわからないのですが、指定されていることがカギになります。

指定されていない場合でも、将来的には1人のプレイヤーが来るたびに課金されるロケーション広告が導入される見込みであり、これを利用することで、自店舗もポケストップに指定できる見込みです。

ポケモンGOで集客の考えられる施策例

ポケモンGOユーザーを優遇したクーポン発行

上記は実際に行われた施策のようです。ポケモンGOは3チームに分かれてジムを取り合う陣取りゲームの要素を持っています。そのゲーム性を取り入れて、SNSで話題性を広めた事例かと思います。実際にどの程度集客できたのかはわかりません。

ポケストップに常時モジュールをさして集客

現状は最も有効な集客方法と考えられます。ポケストップと呼ばれるポイントが近隣にあるお店のみが対応になります。

ポケストップにモジュールを差し込むと、通常移動しなければ出現しないポケモンを歩かずとも集客させることができます。また、ポケモンGOのマップにモジュールをさしたことを表示することができるため、近くのポケモンGOユーザーを惹きつけることができます。モジュールは課金アイテムであり、1つ120円で30分間効果があります。

肝心のポケストップの反応範囲なのですが、体感では半径10~15mくらいのかなり狭い範囲で反応します。ただし、端末に内蔵されているGPSで距離感が若干異なるようで、もっと遠くでも反応する端末もあれば、もっと近くでないと反応しない端末もあります。

もちろん、店の外でも反応します。何もしなければ素通りもしくは店の前に集まってしまい、既存客の入店を邪魔する可能性もあります。ブラックボードなどを店の前に置き、上述のポケモンGOユーザーへのクーポンを貼り付けるなどの対処が必要でしょう。

ポケモンGOの公式イベントが開催された時に、お店で集会を開けるようにする。

ポケモンGOは、基本的にはうちの中ではできません。ポケストップを周回し、歩くことでポケモンを収集しないとまともに遊ぶことができません。

また、人口密度に応じて、ポケモンのレアリティーがかわるような特徴もあるため、できる限りユーザーは集まった方が攻略は楽です。

そのため、ポケストップに指定されているお店は、ポケモンGOのイベントがあるたびに、ポケモンGOのユーザーイベントを開催することで、ポケモンGOのユーザーが集まることが期待できます。

とりあえず、ポケモンGOが来たらインストールしてみよう。

このブログを書いている最中に、どうやら日本版のローンチは明日らしいという情報がYahoo!ニュースに掲載されているのですが、それも明日になってみないとわからないですよね。

ポケモンGOがダウンロード可能になったら、とりあえずはプレイしてみることです。

どんなゲームで、どのポケモンが強いのか?そして人気があるのか?なども理解していなければ、集客には結びつかないからです。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-集客, 飲食店の集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.