080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)
お電話は既存のクライアント様用です。

集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

人材

Googleしごと検索(Google for jobs)とは?導入するためにはどのようにすれば良いのか?

すでに海外では実施されているGoogleの仕事探し検索が日本でGoogleしごと検索という名前でローンチされました。

これによって、「池袋 アルバイト」「池袋 エンジニア」「池袋 正社員」などのキーワードで検索すると、Google検索に求人の情報が表示されます。

池袋 アルバイトと検索すると、大手求人サイトの情報や求人を自社サイトで実施されている一覧が表示されます。

「池袋 正社員」で検索すると、求人媒体の中から正社員のキーワードが含まれている求人が選択的にGoogle検索に表示されていることがわかります。

Googleしごと検索に対応するメリット

スマホで周辺のアルバイトを探している人や就職を考えている人に求人情報が単純にリーチしやすくなります。

また、Googleしごと検索は、マイナビ系の求人サイト、バイトル、エンジャパン系の媒体がすでに対応しており、求職者側から見れば利便性が非常に良いサービスであることは間違いはありません。

自社サイトの求人も表示がもちろん可能で、無料で導入が可能です。おそらく、今後はGoogle広告の中に、Googleしごと検索専門の表示オプションが導入されると考えられますが、求人媒体掲載費用や転職エージェントへの報酬を考えると、導入することで採用費を大幅に削減することが期待できます。

他の求人媒体はいらなくなるのか?

Googleマイビジネスの登場により、確かに他の予約サイトの送客数が激減したと言われたことがありましたが、多額の広告費をかけてブランディングをしているところは大きな影響を受けてはいませんでした。

例えば、Indeedの場合は、Googleしごと検索とビジネスモデルがほぼ一緒ですが、仕事探しやバイト探しはIndeedを使うブランディングができているため、Indeedでも検索するけれど、Googleでも検索して良い条件の求人をみるということが定着化しそうです。

Googleしごと検索に対応するデメリット

Google側が指定する構造データの導入が必要で、採用人数に達した際には、そのページを削除するか、構造データを外すなどの専門的な対処が必要です。

Indeedを使った採用を実施していない企業は、業種ごとの採用ページを作成する必要がありますので、最初に手間取るかもしれません。

Googleしごと検索を導入する際に必要な設定

人材募集の際に、まとめて1ページで作成してしまいがちですが、業務ごとにどのような条件なのか、どのような人を募集しているのかを詳しくまとめて、それぞれでページを作成する必要性があります。

また、求人クローラーを巡回させることで、自動登録することが基本ですので、GoogleにWebサイトを読み込ませる仕組みと原理はほとんど変わらないことになります。

そのため、Googleしごと検索で露出を高めるためには、少なくとも、求職者の検索キーワードに対応させたページづくりを実施する必要性は感じますし、Googleしごと検索では、カテゴリ(どんな仕事なのか?)、地域(勤務地)、投稿日(求人されて古いのか、新しいのか?)、形態(アルバイト、パート、契約社員、正社員、フレックスなど)、企業で分類されているため、少なくともこれらに対応する記述を実施する必要性はあります。

また、これだけでは不十分で、求人がそこにあることを示すために、構造化データを記述する必要性があります。方法としてはGoogleが提供していますが、コーディングができない人からすればかなり難しいですね・・・

なお、構造化データの日本語解説は、Google for Jobs(しごと検索)に求人情報掲載させることに成功したので方法を紹介(全体の流れのまとめ)(WEB企画)で解説されています。

また、こうなってくるとWordPressプラグインを頼ってみたくなるのですが、現状は日本語化されていないJobs for WordPressしか対応しておらず、また、このプラグインも日本の求人向きではなく、結局はカスタマイズを必要とします。少なくとも、Googleしごと検索には、投稿日の項目があるため、新しい求人ほど有利ではないかという見方もできます。そのため、一番重要なのは、求人情報を更新しやすい環境にすることであり、IndeedとGoogleしごと検索に対応した安価なCMSを開発すれば、すごい売れるんじゃないかとも思います。

Googleしごと検索はどのような影響を及ぼすのか?

求人サイトは間違いなく対応するサイトが増加すると思いますので、囁かれているように求人アフィリエイトはなかなか厳しくなるのではないでしょうか?

求人サイトを使わなくても良いという判断にはならず、しばらくはこれらに対応した求人サイトを活用した方が利便性は良いかもしれません。

集客にお困りですか?

サクセスパートナーではクリエイティブの制作はもちろん、マーケティングの戦略策定、施策のバックアップまで行うプロデュース業務も行なっております。

-人材

© 2020 SuccessPartner