Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

集客

IT導入補助金でホームページを制作する際の注意点とは?

投稿日:

ホームページの制作には、IT導入補助金や小規模事業者持続化補助金があります。補助金を活用してホームページを制作する場合は、いくつかの注意点があります。もし、Web集客を強化するためにホームページの制作を検討している場合は、以下の点で注意しましょう。

最新のお知らせ

【初回相談】集客コンサルティング

サクセスパートナーでは、集客のディレクション及びコンサルティングのサービスを提供しております。

サービスのお申し込みの際は、必ず初回相談のお申し込みをお願いしております。

初回相談では、「簡単な診断」及び「具体的に何をすべきなのか?」のお話を中心にいたします。

現在相談費用50%オフキャンペーン実施中!!

IT導入補助金とは?

日本の労働生産性は、世界的にも低いとされております。業務効率化と売上アップをITツールの導入で図ることで、経営の強化を図る補助金です。

この補助金を受け取るためには、労働生産性の伸び率が3年で1%以上にしなければなりません。

労働生産性の算出は、以下の通りです。

POINT

労働生産性=利益/総労働時間=(売上高-原価)/(従業員×労働時間)

労働生産性の向上は、分子を大きくし、分母を小さくすることで達成が見込めます。

  1. 売上高が上がる。
  2. 原価が下がる。
  3. 従業員の人数が減る。
  4. 労働時間が減る。

ホームページ制作で採択を望むためには、2~4までの項目への影響は考えづらいですので、売上高を相応の目標値に上げる必要性があります。

ソフトウェア及び関連費用が該当し、補助対象経費の1/2が補助されます。そして、補助下限額が40万円です。最大で450万円の補助ですが、最大の金額の補助金を受け取るためには、それ相応の点数が必要になります。

また、以下の目的の中から最低2つ選択し、1~8の中から1つを選択した計画書の作成が必須になります。

  1. 顧客対応・販売支援
  2.  決済・債権債務・資金回収管理
  3.  調達・供給・在庫・物流
  4.  人材配置
  5.  業種固有プロセス(実行系)
  6.  業種固有プロセス(支援系)
  7.  会計・財務・資産・経営
  8.  総務・人事・給与・労務
  9. 自動化・分析
  10. 汎用

また、IT導入補助金には、分類があり、報告は年1回のペースで、A類の場合は3回 B類の場合は5回になります。

IT導入補助金でホームページ制作などを行う場合の注意点

様々な規定がありますので、申請には注意も必要になります。

補助該当経費が最低80万円でなければ申請できない。

IT導入補助金の立ち位置としては、簡単なITツールは導入していることが前提となっております。そのため、IT導入補助金で作成するウェブページは、基本的に電子決済や予約、マーケティングオートメーションや高度分析などに対応することが前提と考えられます。

補助対象外のハードウェアは対象になりませんし、販売支援及び自動化分析を目的とした導入でホームページを制作した場合、該当経費のみで、80万円以上でなければなりません。IT導入補助金でホームページを作成する場合は、簡単には考えることができないということです。

簡単なホームページを作成するのは、補助金の立ち位置としては小規模事業者持続化補助金の方になりますが、採択されづらいという欠点があります。

制作などができる業者が決まっている。

IT導入補助金は、支援ができる企業が決まっています。好きな企業に依頼し、補助金を申請できるというものではなく、予め登録されている企業から選択して依頼する形になります。

ITツールも同様ですが、一度導入すると、継続的にその企業と関係性を続ける必要があります。どのようなサポート体制なのか、どのような分野が得意なのか、そして、どのような契約になるのかはしっかり吟味する必要性があります。

よくあることなのですが、補助金を使ってウェブサイトを作ったもののしっかり機能していないため、後からコンサルタントに相談した結果、そのホームページに欠陥があり、修正の対応などが芳しくない業者もいます。そのため、ウェブ集客を進めるための制作が逆に足枷になる場合もあります。

採択されない可能性もある。

昨年に比べると単価が大きく上がった上に予算が減りましたので、採択されないことも予想されます。

補助金には、採択されなかった場合、次回の申請に先延ばしになるリスクがあります。ホームページの制作がそもそも労働生産性の向上の見込みが高く、今必要ならば、すぐに制作するべきです。

補助金ありきになってしまうと、それに合わせた販売計画になってしまいますので、当然補助金を考慮しない事業者に比べると歩みが非常に遅くなります。

報告の手間がかかる。

A類であれば、3年間、B類であれば5年間の報告義務があります。年に1回と思えば、どうってことないかもしれませんが、労働生産性を上げるための補助金ですので、この期間の間にそのITツールを利用しなくなっていたのであれば話がおかしくなります。

直接明記されているわけではありませんが、最低3年はITツールを使い続けることが前提ということです。

スポンサー

まとめ

補助金を有効活用することは、予算がない中で労働生産性を高めるきっかけ作りには最適です。

しかし、金額的なところばかり考えてしまい、肝心の目的の部分を見失っていびつな計画でITツールを導入してしまっては、うまく運用することができなかったなどの問題になります。

ホームページ制作の場合は、人材採用の高度化や売上アップが目的になりますので、そのページを制作したことでゴールになることはありません。その後を考えて、補助金を使うことが適切なのかを考えましょう。

ちなみに、サクセスパートナーではIT導入補助金の申請の支援は行なっておりません。お近くのITコーディネーターにご相談いただくか、ミラサポなどの専門家派遣事業をご活用ください。



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-集客
-, ,

集客力アップで、強靭化をはかりませんか?

今すぐはじめる集客力向上

集客などのキーワードで上位表示をしている集客コンサルの小形が提供するわかりやすいメールと動画コンテンツ
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.