集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

WordPress

WordPressである必要性は実はそこまでない。

投稿日:

wordpress

WordPressはおすすめしているシステムの一つでありますが、「WordPressをやる。」という言葉には違和感があります。

WordPressを入れる最大の目的は、コンテンツの管理を容易にすることにあります。簡単に言えば、季節ごとに変わるサービスの内容を入れ替えたり、ページを追加したりする作業は、SEOを抜きにしても、最新の情報を常に求められている環境の中では必要なものです。
その作業が容易になることで、コンテンツ管理システム、いわゆるCMSを使ったウェブサイト運用が有効なのであって、その中で無料かつ多様性のある使い方にも対応できるポテンシャルを持っているのがWordPressであるだけのお話です。

最新のお知らせ

【初回相談】集客コンサルティング

サクセスパートナーでは、集客のディレクション及びコンサルティングのサービスを提供しております。

サービスのお申し込みの際は、必ず初回相談のお申し込みをお願いしております。

初回相談では、「簡単な診断」及び「具体的に何をすべきなのか?」のお話を中心にいたします。

現在相談費用50%オフキャンペーン実施中!!

「WordPressが難しい」のはなぜか?

海外の動画広告に、「WordPressは難しすぎる。」というものがありました。Twitterでも、「WordPressでブログを運用していることはすごいことなんだよ」というツイートがほどほどにシェア数を伸ばしていました。

確かに、WordPressは難しいと口にする人は多いです。この場合の共通点は、WordPressで何をやるのかを明確にしていないので、WordPressの設計図がない人であったりします。なんの計画性もなしに、自由度の高いWordPressでゼロから構築をすること自体、WordPress以外にデザインを考えつつ、手探りで構築することになりますので、WordPressを使わない選択肢を選んだとしても難易度が高くなります。

最初の設定さえやってしまえば、WordやExcelと同じ程度の難易度です。主に使うのは投稿の部分のみで、ブログやSNSも未経験の人にとっては難しいかもしれませんが、ほとんどの人にとっては難なく操作ができます。

ほとんどのWordPressが難しいとは、Webサイトをゼロから構築するツールとしてのWordPressを指しており、アメブロやライブドアブログのように出来合いのブログとしてのWordPressを難しいという人は少数派です。

WordPressを利用するデメリット

WordPressを導入するメリットは大きいですが、デメリットもあります。
これからのWebサイトには必ず、CMSは導入必須だと思いますが、WordPressである必要性は乏しい場合もあります。

オリジナルテーマを利用したい場合

WordPressにオリジナルのデザイン(テーマ)をアップロードして利用したいと思った場合は、WordPressである必要性は薄いかもしれません。

WordPressは世界で最も利用されているCMSです。裏を返せば、世界で最も普及しているOSのマイクロソフトのWindowsのようにハッキングの対象になりやすいということです。そのため、WordPressでは、頻繁にアップデートがあります。また、脆弱性のあるプラグインの情報も比較的早い段階で世界中にシェアされます。

この背景を考えた時に、一度納品された後にデータの書き換えが困難なオリジナルテーマでは、WordPressのアップデートに対応できなくなります。そのため、WordPressやプラグインのアップデートをしないようにお願いされるケースが多くなりますが、同時に、ハッキングにあいやすくなります。

そのため、オリジナルテーマでCMSを運用したい場合は、WordPressではなく、他のマイナーなCMSを導入した方が安全性を高めることができます。大手の場合は、管理された月額制のCMSで運用するのが通常です。

ITの操作に慣れていない場合

WordPressは一度構築してしまえば簡単なのですが、最近増加しているパソコンの使い方がわからない人にとっては難しいかもしれません。
WordPressよりも簡単なユーザーインタフェイスに慣れてしまっていると、今度は勉強に時間がかかります。

あまりにも勉強に時間がかかりすぎると、成果物であるコンテンツの蓄積に支障が出ます。

そもそも、ITの操作に自信がない時点で、コンテンツ配信による集客ができるのかという疑問を除いたとしても、WordPressの操作研究に時間がかかりすぎる場合は、他のもっと使いやすいCMSを導入する選択肢もあります。

代替えの手段の方が多く、Webサイト主体にするよりも集客できる場合

例えば、飲食店の場合は、とりあえずは食べログの運用をした方が集客ができます。
また、年間を通してメニューにほとんど変化がない場合は、ブログ化できる情報も限られています。

TableCheckやToretaなどを導入し、自社サイトで予約をできるようにしている飲食店以外では、HTMLのWebサイトや簡易的なCMSの導入に抑えてもそこまで大差はありません。

スポンサー

まとめ

WordPressを使わなければ、情報発信ができないというわけではありません。

セミナーに通わないとできないものであれば、わざわざそれを使わずに、別のCMSを検討するのも良いでしょう。ツールが使えるまであまりにも時間がかかるようでは、本来目的にしているマーケティング活動が思うようにできません。それでは、本末転倒です。

アフィリエイト系ではシリウス(ただし有償)。それ以外は、JIMDO、Soy CMS、Baser CMSなどがありますので、一度見てみるのも良いでしょう。大企業の場合は、国産の有償のCMSを導入し、オリジナルテーマとセキュリティーを両方とります。

とは言え、WordPressほど汎用性の高いCMSはなく、制作会社としても開発が慣れているのはWordPressですので、開発が全て外注の企業は運用のみをしっかり研究し、消費行動を引き起こすための情報発信に注力しましょう。

▼Web集客コースのご検討はこちらへ
Webサイトの構築費用の目安は、45万円(税抜)〜になります。Web集客に力を入れたい方はこちら
ホームページ集客を成功させるためのポイント



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-WordPress

集客力アップで、強靭化をはかりませんか?

今すぐはじめる集客力向上

集客などのキーワードで上位表示をしている集客コンサルの小形が提供するわかりやすいメールと動画コンテンツ
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.