080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

マーケティング

高齢化社会が経営に与える影響とは?

日本は説明するまでもなく高齢化社会です。高齢化社会で問題になっていることは年金が上がりがちです。これは、生産年齢人口が年々減少する一方で、年金が支給される対象になっている人口が増加するためです。

しかし、これ以外にも深刻な問題を引き起こしていることが多いです。特に、会社をご子息などに承継させる予定がある場合はとても大きな問題です。

集客を大きく減らす可能性が非常に高い。

人口の流入が多い政令指定都市などの都市部では感じづらいところですが、生産年齢の人口流出が多い地方では大きな問題を抱えています。

例えば、昔から存在する店舗がありますが、基本的に若年者はフランチャイズ店舗を利用します。そのため、呉服店がわかりやすいのですが、取り扱い商品が高齢者向けとなっており、若年者向けの商品を扱っていません。(扱っていたとしても、現在の若年者の嗜好に合いません。)

いわゆるお得意様が年々高齢化すると、成長なしの衰退が起こります。これは、例えば健康に大きな問題を抱えて買い物弱者になる可能性もあります。また、法人契約をしているのであれば担当者が代わり、契約の見直しが発生する可能性が高いからです。

これによって、年々売上が低下するというよりも、ある時を境にガクッと売上が低下する現象が起こります。客層の年齢が近いと顧客離反の時期も重なることが多いからです。

これが発生してからだと、間違いなく経営の体力を企業の維持の方に回さなければならなくなり、盛り返すことが難しい状態に陥ります。

顧客単価が社会的要因で下がる問題

また、最低賃金が地方の場合は低いために、使えるお金が限られています。そのため、結婚しない男性なども増えているわけですが、賃金の問題の深刻なところは、実質賃金が安くなれば安くなるほど安い製品が好まれるということです。

これによって発生する問題は、顧客単価が社会的要因で下がることです。使えるお金がない、もしくはお金を使いたくなくなるわけですから、車も運用費が安い軽自動車でしかも中古車が売れますし、衣服も安い価格のブランドに人気が集中します。

顧客単価が社会的要因で下がるということは、利潤最適化(利益最大化)をするためには、販売数を伸ばし、生産コストを削減する必要性があります。基本的に生産コストを下げるためには、販売数を伸ばさないといけないため集客の問題がすごく重要になってくるわけです。

顧客が定着しない問題

今はスマホでどこでも情報を閲覧できますし、今まで店舗で購入していたものもどんどんネットで購入するのが普通になっています。

つまり、地元では安い目の前の商品も、Amazonで検索した場合は高いということも普通にありえます。

もし、その商品を購入するのに、2〜3日待つことができるのであれば、Amazonからまとめて購入するということを選ぶ人も多いでしょう。

この問題は、エブリデーロープライスのような戦略がネットで潰されることを意味し、高付加価値の単価の高いビジネスをしないと顧客離反を抑えることができません。

5:25の法則

顧客離反を5%抑えることができると、利益率の25%が改善されるという法則。
つまり、顧客離反と利益率には関係性があり、顧客離反を抑えることが経営を安定化させる一つの要因になるうるということを指します。

まとめ

このことから高齢化社会は、売上の要因、客数、顧客単価、再利用頻度の全てにおいてマイナスに作用する要因です。地方の店舗では、この問題に現在直面しており、5年後、10年後には死亡による人口減少が大きな問題になっています。

高付加価値の密着したサービスを充実化させるか、新規顧客獲得のための施策の実施が必要になります。単純に通販などを導入して商圏を広めようとしても、ネットの世界でも強者がはびこっていますので、競争で敗北することは間違いありません。

サクセスパートナーの人気サービス

【無料】集客支援人に相談する。

サクセスパートナーでは、サイクルの小さなマーケティングの立案および集客の支援を行なっております。

ズームでの無料相談受付中!!
先着順に日程は決定します!!

  1. 新しいマーケティングの施策を実施したい
  2. 脅威に対するマーケティングのカードを作りたい
  3. マーケティングで何を行なったらいいかわからない。

-マーケティング

© 2020 SuccessPartner