WordPress

WordPressを導入するメリットとデメリット

WordPressを活用することは一般化している一方で、有料CMSも多数存在します。無料で活用できるWordPressに対して、有料CMSが登場する理由は、WordPressの開発環境のハードルの高さが挙げられます。企業では管理をする人材が不足していることもあり、自社で管理をする必要がない有料CMSが注目されています。

WordPressを導入するメリット

WordPressは各レンタルサーバーがかんたんインストール機能を実装しているため、簡単に導入ができるCMSです。WordPressを導入するメリットは以下の通りになります。

ライセンス料が無料

有料CMSとの最大の違いは、利用料が無料であることです。そのため、最低限サーバーやドメインの利用料を負担すれば利用することができるため、負担が小さいことがメリットになります。

ブログが簡単に実装可能

WordPressを含めたCMSを導入することで、ブログを簡単に実装することができます。

特に、Googleの検索エンジン、地図検索エンジンのマーケティングでは、公式サイトのSEOが重視されています。簡単に言えば、近くのお店で麻婆豆腐の美味しいお店を探したい時に、麻婆豆腐について訴求している公式サイトがあれば、その店舗は訴求がない店舗に比べて上位に表示されやすくなります。

簡単に記事を追加し、情報を掲載できることは、全てのビジネスで必須のWEBマーケティング環境と言えます。

WordPressを導入するデメリット

WordPressは積極的なマーケティング環境を作るためには非常に便利なCMSですが、弱点も存在します。

デフォルトでは表示に遅延が発生するためカスタマイズが必要

WordPressは、サーバーのデータベースをまず読み込み、そこから配置が決定される動的URLの方式が採用されています。最初からHTMLで出力される静的URLに比べると、最初のアクセス時にタイムラグが発生します。

特にコアウェブバイタルを改善しないとSEOでの順位結果に影響が出ると考えられるため、知識のあるスタッフがいないと管理しづらいことが欠点です。

なお、コアウェブバイタルは、有料CMSを導入しているから高いとは限りません。導入を検討する際は、事例サイトをページスピードインサイトで診断するなどチェックが必要です。

管理する必要性がある

WordPressは世界的に普及しているCMSであり、その弱点としてはハッキング行為の対象になりやすい点です。そのため、WordPressは頻繁にコアファイルのアップデートを実施しており、最新環境の維持が望まれます。

適切に管理してくれる人がいない場合は、WordPress環境にしない方が良いこともあります。特に、ECサイトでは、顧客の個人情報をデータベース化しますので、Shopifyなどの別ツールを活用した方が良いでしょう。

集客はSEOに限られる。

これは、ブログとしての活用に限られる欠点ですが、WordPressの集客は、ほぼ検索エンジン経由となります。noteなどのコミュニティー機能がないため、メールアドレスやブラウザによるプッシュ機能を実装しない限り、他の方法で露出が非常にしづらいことが挙げられます。

WordPressの導入がおすすめの企業

  • 集客でSEOを行いたい。
  • 管理してくれる人もしくは担当者が存在する。

有料CMSとWordPressでどっちが良いのか?

有料CMSを選択する時は、技術者を確保できず、管理に自信がない時です。ユーザーインターフェイスやページの作成は、有料CMSの方が簡単であることが多く使いやすいことが多いです。詳しくは、営業を受けているサービス業者にデモ画面の提示を求めるのが良いでしょう。

ただし、有料CMSでは、独自のフォーマットを採用していることもあり、そのCMSに依存してしまい、移管ができない可能性もあることは念頭においておきましょう。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-WordPress