リスティング広告とは?初心者向けの集客方法解説

目次

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことです。検索語句(キーワード)に連動した広告が表示される仕組みになっており、広告をクリックすると費用が発生します。リスティング広告は、検索連動型広告やPPC広告などと呼ばれることがあります。代表的な広告は、Google広告とYahoo!広告があります。

検索を利用した代表的なマーケティングの方法で、WEBマーケティングでは優先度の高い新規顧客の集客方法です。

リスティング広告で何ができるのか?

リスティング広告では、新規顧客を集客することができます。興味を持ったり、欲しいと思ったりするものは、商品名や関連キーワードで検索して検討する行動があります。その行動を利用した集客を行います。顧客ニーズが顕在化しているため、いわゆるいますぐ客を集めることができます。

リスティング広告を出稿すると、検索結果ページの検索ボックスの直下や検索結果の直下に広告が表示されます。

リスティング広告とSEOの違いとは?

検索結果を活用する集客方法には、SEOもあります。これら2つの集客方法の違いについて紹介したいと思います。

リスティング広告は検索結果に短期で検索結果に表示できるが、SEOは確実ではない。

リスティング広告は、検索エンジンが用意した広告です。表示順位には広告ランクが関係あり、競合次第では費用が高くかかりますが、即座に広告を表示できます。それに対して、SEOは広告ではなく、検索の傾向対策を行うことで、特別に用意した記事ページで上位表示を目指します。確実に上位表示できるわけではありません。

リスティング広告は広告ページを表示することができ、SEOは記事ページが表示される。

リスティング広告は、広告ページ(ランディングページ)に直接リンクをする広告を表示できます。SEOは、広告ページを直接表示できるわけではなく、検索ユーザーが検索する目的である検索意図(検索インテント)に準拠した記事ページが結果的に表示されます。

リスティング広告はクリックされるごとに課金される。

リスティング広告は、クリックごとに課金されます。SEOは広告ではありませんのでクリックされてもお金はかかりません。

ポイント

リスティング広告は有料で、SEOは無料だと勘違いされています。現在のSEOは、プロのライターが品質の高い記事ページを作成していることや掲載するWEBサイトにも高い専門性や信用性が求められます。そのため、一概には言えませんが、集客のために本気でSEOをすると、初期費用もランニング費用もかかります。

リスティング広告の表示順位の仕組みとは?

リスティング広告には、広告ランクという仕組みがあります。これは、クリックされており、広告ページがキーワードとの関連性が高いなどの広告の品質と1クリックいくらまで出すかという入札価格を掛け合わせもので、広告ランクが高い広告ほど良い順位に表示されます。

リスティング広告を出稿するためには何が必要なのか?

Googleに広告を出稿したい時は、Google広告のアカウントが必要です。また、Yahoo! JAPANに広告を出稿したい時は、Yahoo!広告のアカウントが必要です。最初にリスティング広告をする時に、どちらから始めれば良いのかと質問されることがありますが、Google広告を優先します。

日本の検索エンジンシェア

statcounterによれば、日本の検索エンジンのモバイルシェアは、Googleが75%程度、Yahoo!JAPANは20%程度です。つまり、検索エンジン自体一般的にはGoogleを活用している人が多数派であり、客数を伸ばすことを目的にしている以上は、Googleの方を優先するという結論に至ります。

ただし、競合も同じようにリスティング広告を運用します。そのため、Google広告が競合多数になっており、Yahoo!広告の方が競合が少ないこともありえます。そういう時は、事前に検索結果を確認した上で、Yahoo!広告にも出稿します。

また、WEBサイトがあればリスティング広告の出稿は可能ですが、広告ランクのことやコンバージョンを獲得したいこともあり、ランディングページを用意します。

ランディングページとは、本来は、最初に閲覧するページを意味しますが、広告では、購入、お問い合わせ、資料請求などの特定の行動を起こすためのページのことを指します。ランディングページの特徴は、コンバージョンを引き起こすための情報のみが掲載されており、リンクなどの離脱箇所がありません。そのため、どうしても縦長のページになるため、1ページの縦長のページと説明されることが多いです。

広告ランクでは、広告の品質が高いほどクリック単価を節約されることもあり、集客の費用を下げ、コンバージョン数を伸ばすためには、ランディングページは不可欠になります。

リスティング広告でよくある疑問

広告は、クリックされると再現なく広告費がかかるのか?

広告の予算を決定することができます。また、不正クリックは課金対象から除外される仕組みがあります。不正クリックには以下のものが含まれます。

  • 連続クリック
  • 不正ソフトウェアを利用したクリック
  • 意図的にクリック数増加を目的としたクリック

広告費の予算はどの程度必要なのか?

世間一般的に代理店から説明を受ける予算の相場は50万円です。これは、十分なデータを集めることがリスティング広告の最適化に必要ですし、代理店もビジネスであるため、手数料の10%〜20%に相当する5万円〜10万円をもらう必要があるためです。

ただし、業種や目的によって費用に差があります。例えば、コンサルティングの契約を1件とるだけであれば、5万円程度でも良いですし、低予算でも集客ができることもあります。

リスティング広告は代理店を利用した方が良いのか?

Google広告とYahoo!広告では設定サポートサービスがあります。ともに、電話もしくはLINEがあります。そのため、必ずしも必要はありませんが、データとして蓄積し、今後のマーケティングに活用したい場合は、フィードバックをしてくれる代理店を活用した方が良いです。

どのような商品でもリスティング広告を試すべきでしょうか?

リスティング広告は、入札制であるため、競合が多い業種では顧客獲得単価(CPA)が高騰しがちになります。

そのため、飲食店のランチ営業のように利益率が低い業種ではリスティング広告はあまり相性がよくありません。この場合は、SNS広告やポスティング広告の優先度が上がります。

関連した集客方法

ローカル検索広告

ローカル検索広告とは、Googleマップなどの地図上やGoogle検索のローカルパック上に表示される広告のことです。飲食店や美容室などの店舗ビジネスの新規顧客獲得に向いた集客方法です。

ローカル検索広告とは?店舗ビジネスにはぴったりの新規顧客の集客方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次