集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

店舗に集客するのに強いのはSNS。ただし、新規の顧客を集客できるわけではない。

投稿日:

店舗の集客関係のキーワードのアクセスが相変わらず多いこのブログです。

そりゃ、今まで積み立てて来た訳ですし、当然と言えば当然の結果です。

店舗の集客に関するツールで悩んでいる人が多いみたいなので、簡単に書きます。

使うツールはSNSでOK

ここでいうSNSは、日本で普及しているもので、フェイスブックやLINEをさします。決して、稼げるSNS[Tsu]などというネズミ講の仕組のSNSではありません。

ツイッターでもいいのですが、できれば時間に関わらず目につきやすいものの方がいいので、上記の2つになってしまう感じです。

私はみなさんのお客さんのことも、みなさん自身のことも知りません。ですので、周辺に聞いてみて、やっている方を選べばいいのではないでしょうか?

新規の顧客をゲットするのは、SNSでは難がある。

SNSは、インターネット上に知り合いとつながりを持つものであり、つながりを持たない人につながりを作るものではありません。

これは、フェイスブックで考えてみると分かるのですが、リアルな関係がなければ友達を承認しませんよね?また、実際に商品を購入したことがあるお店のフェイスブックページ以外をフォローするということは考えづらいですよね。

あくまで、既存のお客さんとのコミュニケーションを通して、その周囲の人々(セカンドフォロワーっていうらしいですよ。造語くさいので、別に覚える必要もありませんが。)に口コミを広げるものです。

これは、単発の写真をアップしてえられるものではありませんよね?継続的に興味を持ってもらえる情報を発信した成果物としてえられるものです。

新規の顧客をゲットする場合は、幅広い層に見てもらえるホームページに工夫をしたり、ブログを更新したり、広告にお金をかけるなど、必要です。

情報の受け手は自分ではない。

これもかなり重要なことです。

情報の受け手は当然相手です。自分ではありません。

「何が目的なのか?」、「何が言いたいのか?」分からない情報を評価できるほど、知識がある人は顧客には少ないということを覚えておきましょう。知識がないから、みなさんを頼るのです。

また、大前提として、相手は人間です。書き手を選ぶことも覚えておくべきです。この辺は、特に難易度の高い国家試験をクリアした先生達は特に注意です。誰に書いているのか分からないブログの書き方をしても、そりゃ、誰も見ません。

感じの良い簡潔明瞭な情報発信を心がける事を忘れずに。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.