080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

気になるニュース

稼げるSNS「Tsu」やる人は暇人かニートくらいじゃないかな?

投稿日:

なんか最近話題になっているらしく、ちょっと前のFacebookでシェアされてきたので、このブログでもおちょくったSNSのスーさん。

仕組みは、SNS運営でえられた広告費の大半をユーザーにバックするというもの。なんか、ポイントサイトみたいな仕組みですね。

さて、重要なのは日本で流行るか?です。

みんな手一杯だし、怪しいし。

日本では、ツイッターとフェイスブック、LINEあたりが強いSNSです。あ、あとモンストユーザー界隈ではどうやら、ミクシィも復活しつつあるらしいですね。私はもうやることはないと思いますが。

これだけのSNSが短期で普及して、それぞれ使いやすいものや事情にあわせたものに棲みわけているのが今だと思います。

全部を活発的に利用しているのは、業者位なんじゃないかな?

ピンタレストとかその他諸々の名前もあとから出てきましたが、結局みんなもうやってないでしょ?

つまり、もう手一杯の人がほとんどなんだよなー。

また、広告費をバックしてもらえるとのことですが、SNSの目的は本来そこじゃなく、コミュニケーションをすることでしょ。みんなお小遣い目的で登録しても、何をしたらいいか分からないという人ですぐに溢れると思いますよ。

あえていうなら、小銭を狙った情報起業家やコンサルのその門下生が使う位でしょうか?

毒舌すぎてごめんね。でも、今回は本当に意味が分からないんだ。

そもそも、なんでこの手のSNSが今になって話題にあがって来たのかが不思議だと思っている私です。

それだけ、こういったものに飛びつく人が多いってことですし、景気は全く良くなっていないってことでもあるんでしょうね。

こんなものに飛びつくくらいなら、YouTubeの方が稼げると思いますし、何より、本業頑張りましょうよ。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-気になるニュース

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.