集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

フェイスブック

Facebook(フェイスブック)で集客しやすい業種とそうじゃない業種

投稿日:2015年7月22日 更新日:

「SNSをやめたら、月商4倍になりました!」なんて、広告もありますが、SNSが集客に使えないわけではありません。そもそも、この広告主の人は、過去にSNS系のセミナーを行っていたはずで、正直「なんだかなー」と思わせるコピーです。

最近では日本で使えるSNSは、フェイスブックやLINEに限られてきているため、「SNSを使うべきか?そうすべきではないか?」はわりと簡単です。

(Twitterも集客に利用することができますが、性質は昔とだいぶ異なってきていると思います。どちらかといえば、PPC広告の仲間っぽくなってきています。ユーザーに対してアフターフォローを仕掛けていくことに向いており、アプリやコンビニに並ぶくらいの商品販売など大きな規模のビジネスには向いています。小さな規模のビジネスには向かないように見えます。)

では、フェイスブックの場合は、どういった業種が向いているのでしょうか?

フェイスブックの特徴

セミナーなどでは、「フェイスブックは写真が文化だ」と説明しています。これは、画像が最も閲覧されやすい仕様になっていることや拡散されやすいからです。

また、いいね!やコメントなどのアクションを頻繁に行うフェイスブックページに対しても表示されやすくなる仕様もあります。

現在進行形でファンの人とコミュニケーションをとりやすい仕様になっています。

では、フェイスブックで集客がむいている業種とは?

写真が文化なのですから、ビジュアルで説明しやすい業種に向いています。

例えば、日替わりランチが売りの飲食店、特別なオーダーに応じるお菓子屋さん、毎日新鮮な魚を提供している魚屋さん、爪のできが勝負のネイルサロン、腰回りのお肉を落とすことに自信があるエステ店、カットに自信があるヘアサロン、木のぬくもりを伝わってくる家具を取り扱う家具屋さんなど。

容易に画像事例を集めることができる業種は向いています。

逆に向かない業種は?

ビジュアルで説明しづらい業種が向いていないことになります。

コンサルタント、ヒーラー、士業など。

これらの業種は、ビジュアルで説明するよりも、困っている人を検索から拾っていき、メルマガなどでコミュニケーションを図ったほうがいいでしょう。なぜなら、如何に悩みを解決することが勝負の業種だからです。

カタログ作りを意識する。

SNSの情報発信方法の基本は、紙のカタログと一緒です。画像で魅力を伝え、テキストで説明を加え興味をわかせます。

集客に悩んでいる方は、ニッセンやローソンのお中元のカタログでもいいので、もらってきて読んでみると参考になるのではないでしょうか?

 

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-フェイスブック

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.