080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

マーケティング コンテンツマーケティング

初心者が集客に特化したブログを書くためのエッセンス

投稿日:

suteppume-ru

ブログを書くのって難しいですね!

よく言われますが、確かに最初の慣れない時にブログの記事を書くのは大変です。まあ、それも一番の理由が、タイピングに慣れていないことだったりするので、そのうちだんだん慣れてきます。

初心者が集客に特化したブログ記事を書くのにはいくつかコツがあります。

1エクセルを使ってテーマを管理しておく。

コンテンツ作成の指導で必ず出てくるのがエクセルです。

エクセルを使い、テーマを捻出、そのテーマに対するタイトル付けを行ってしまえば、本文はそれに答えるだけになります。

よく、テーマをタイトルに入れる必要性はどこにありますか?と聞かれますが、検索する時に、ワードを入れて検索をしますよね?その言葉がタイトルに入っていなければ、自分の知りたいことがその中身にないと思っちゃいませんか?それは、みなさんだけでなく、グーグルなどの検索エンジン側も同様で、順位を下げられてしまう要因になってしまいますので、いれないとダメです。

2画像をストックしておく。

画像をたくさん収集するのも重要です。

文章だけのブログって、読む前から読む気を失くしませんか?実は私もそうです。(読む必要があるものは読みますが。)

文章だけではなく、見た時に目を引くような画像を準備しておくと、読んでもらいやすくなりますし、説明しづらいことも「実物」を見せてしまえば、理解を促すことだってできるはずです。

3時には動画も用意しておく。

ブログを書くよりも難易度が高いのですが、一応ね、、、

最近では、ブログと解説動画を組み合わせているブログも少なくありません。特に、ゲーム分野かな?文章では分かりづらい攻略を実際に見せる記事が増えてきています。

仕事によっては、「書くとものすごい文章量になっちゃって、話した方がいいんだよね〜。」という人もいると思います。その場合は、Youtubeも組み合わせましょう。

4「質問に答える」

余談なのですが、質問に答えてくれない人が世の中には、結構います。

「◯◯について教えて下さい。」というと「△△の現在は、、、」みたいな、俗にいう話を聞いてくれない人です。私がいまでは大嫌いなアメーバブログのドヤ顔ヘッダーのブロガーさんに多いタイプだと思います。

コンテンツマーケティングの基本は、「質問に答える」ところにあると思います。これは、検索する行動自体が、知的好奇心によって支えられているからです。

ブログタイトルで、「◯◯について」書いたら、「◯◯について答える」習慣をつけましょう。

5本を読む

この場合の本は、自分が読みたい本ではなく、お客様が読んでいそうな本です。

明日、はじめてデートする子に喜んでもらうために、どうしたらいいだろう?と思って、ananとかcamcamとか読んだりしません?私はあんまりしません。(だから、モテナイのかもしれませんw)

顧客の興味関心、また新しいトレンドを知るためには、読んでいそうな本を読んでみて、自分の分野内のお話ならば、それをテーマに入れてみるのが効果的です。

最後に

コンテンツマーケティングは手間ばかりかかって大変ですが、最初に戦略(方針)を決めて、純粋にこなせば、すぐには結果はでませんが、かなり大きな結果につながっている人がほとんどです。

真矢みきじゃないですが、これだけは言わせてください。「あきらめないで!」

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング, コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.