集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

フェイスブック コンテンツマーケティング

フェイスブックページ運用の成功と失敗を決めるたった4つのポイント

投稿日:2015年7月30日 更新日:

「ブログを書け!」と指導をしておいて、本人が書かないのはないと思っているので、できる限り毎日記事を更新しています。

フェイスブックページの運用の難易度は、他の媒体よりも低く、インターネットを触ったことがない人にとっては、最初に馴染めるソーシャルメディアかもしれません。(知名度がある程度ある企業にとっては、ツイッターの方が良い場合もあります。)

このフェイスブックページの運用なのですが、成功と失敗をわけるポイントには4つあります。

1 方向性

フェイスブックページ運用の方向性を決めることは非常に重要です。

内容がめちゃくちゃなフェイスブックページは、一体なんのページなのかわからなくなりますし、強い興味関心を抱いてくれる人々を集めるためのコンテンツなのに、集まる人の興味関心もまばらになってしまう要因になります。

事例集やカタログといった明確な定義付けを行い、情報発信を行うことで適切に機能します。

2 下準備

フェイスブックページに何を掲載するのかわからずにページだけ作っちゃう人も中にはいます。

何も載っていないフェイスブックページをみて、感じることは決していいことではありません。

「何を掲載するのか?」最初の1ヶ月分くらいはあらかじめ決めておくことが重要です。

3 体制

最低週に2回の投稿が必ずできる体制作りが大事です。

体制というと大げさなのかもしれませんが、ファン数が多いのに、各投稿のリーチ数が全く伸びない企業のフェイスブックページは、まず投稿頻度が原因とみたほうがいいです。上記の投稿頻度を保つために、日頃思いついたら、写真素材を集め、投稿の下書きをしておくような習慣づけを行うことをおすすめします。

4 人集め

一時期むやみやたらにいいね!を集めるプレゼントツールが流行りましたが、彼らはプレゼントハンターであり、見込み客ではありません。

特に、小企業の場合は、商圏が決まっている場合がほとんどですので、その商圏内で人を集める作戦が必要になります。

一つは、いつものお客さんに教える。
また、フェイスブック広告を少額で数を多く打つのも手です。(最初は500円とかからでいいですよ。)

これをしないと、誰も見ない寒いフェイスブックページが完成します。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-フェイスブック, コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.