集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

売上アップ

飲食店でもエステ店でもターゲットが「30代女性」ではダメな理由

投稿日:

趣味起業のアイキャッチ

ターゲットは、どの施策を行うにしても重要事項です。「誰に向けたものなのか?」を明確にしなければ、フレーズを設定することができませんし、そもそも何をすればいいのかわかりません。

「ターゲットは?」と聞くと、「うちは30代くらいの女性」と言われます。これがほとんどです。残念ながら、これではターゲットを決めていることになりません。

ターゲットは明確に

30代女性の顔を思い浮かべましょう。皆さんは誰の顔を思い浮かべますか?

その人はどんな女性ですか?どんな服を好み、化粧品に毎月どのくらい費用をかけて、どこに勤務。そして、交友費の予算は毎月どのくらいですか?

ここで勘がいい方は気がつくかもしれません。

人によって、出会っている人が違うので、30代女性では思い浮かべる人が全く違います。これでは、ターゲットを定めていることになりません。

特徴を明確に

上記で挙げたことに加えて、結婚しているのか?子供はいるのか?どんな雑誌を読んでいるのか?など、明確に定めていきます。

最終的なゴールは、常連顧客の量産ですので、常連客の顔を思い浮かべながら、最初は想像でも構いません。明確にすること自体が重要なのです。

これによって何ができるのか?

ターゲットの情報を共有することができます。これによって、効果的な施策(ネットに限らず、セールや商品開発にも及ぶ)を計画することができ、キャッチフレーズやカラーに至るまで、ターゲットに合わせることができます。

施策ごとに目的とそのターゲットを定めることで、計画段階で詰め込みすぎて実行できない、最終的に無難なものになることを避けることができます。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-売上アップ

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.