080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略

「6次産業推進」「若者のための街づくり」から地方議員選挙が脱出するためには?

投稿日:

特にはてブお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OOK91_katatewoagerusenkyo-thumb-1000xauto-15759

まあ、確かに若者が全くいない町は、子供が生まれませんので、人口が減るだけだったり、もう10年以上前から6次化、6次化言われてますけれど。

つい最近、地方の統一選挙があり、昨日も近隣の町の議員選挙があったということで、選挙カーで爆音を鳴らして、お決まり文句を言っているわけです。「山田太郎です!若者のための、元気な街づくりを!全力で6次化を推進します!」と。みんなこれをいうわけで、選挙なのに選べないんですよね。困ったものです。

もっとも、問題なのは、ずっと前からの問題を未だに延々と問題として提起しちゃっている現状にあるわけなんですが。それは、地方だけに限らず、国も一緒なので傍においておきます。

まず、「どうすればいいのか?」の考えで勝負できる環境を作って欲しい。

YouTubeでもいいよ。ただ表面的な言葉だけ並べても、「それがなんでいいのか?」わからなければ選べません。買い物と一緒です。

「若者が住みやすい町にするためには?」、「どんなことが必要で」「私はこんな施策を提言し、実行したい。」

「なんで、6次化をするのか?」「6次化を成功させるためには、何が必要で」「だから、こんなこともやっていきたいんだ。」

ここまで明確じゃないと差がわかりません。やりたいんだから、ちゃんと説明もできるでしょう。

各候補者が用意しても結構ですが、バラバラだとたぶん見られないので、選挙区レベルでチャンネルを作成し、まとめるといいよね。ふとしたところで見比べることができますから。

投票所に端末をおいて、見れるようにすればなおよし。

キーワード叫びまくってるんだから、ブログも書こうぜ。

選挙の時くらいしか自分の名前を叫ぶことなんてありませんからねー(笑)

セールスポイントで勝負しなければならないのは、お店と一緒です。つまり、自社サイト運用がここでも役立ちます。

ブログに立候補する市町村の改善案を掲載しておくと、選びやすくなりますよね。

んなこと言っても、ジジイやババアはネットなんて見ないよ。

こんなこと思ってません?

これも、ずっと前から言われているので、言われ始めた頃の働き盛りがこの年代になっているんですよ。今は年代関係なしに、インターネットで検索する時代にはなっています。

つまり、「見ないのは興味を持ってもらえてない」ということになり、「悪いのは自分」ということになりますよね。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

集客コンサルはこちら詳細を確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.