集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

小企業が自社サイトを使って情報を発信する意味をもう一度整理しよう。

投稿日:2015年8月27日 更新日:

小企業ほど、自社サイト(ワードプレスの類のCMS)を使って、情報発信をしなくてはなりません。

その理由は以下の通りです。

小企業の情報は大企業の情報よりも圧倒的に少ない。

例えば、私が住んでいる片田舎。その中では、小さな工場がたくさんありますが、その中で何を制作しているのかは全然わかりません。

それに対して、大手企業は、全部の事業ではありませんが、だいたいどんなことをやっているのかはイメージがつきます。これも、テレビCMなどで目につくからなんですけれどね。

何をやっているかわからないところと商売をしようとする人も商品を買おうとする人もいません。これには例外はありませんよね。

小企業は大企業よりも圧倒的に予算が少ない。

販売促進費は、経済が傾くとコストカットの対象にされがちですが、上記で説明している通り、知られていないところから商品を購入する人はいません。必要な予算でもあるにかかわらず、真っ先に削減の対象にされます。

その話をおいといても、小企業の場合、その予算自体が小さいですよね。そこから予算を小さくしたら、ほぼ何もできず、いわゆる「詰み」になってしまう場面をいくつも見てきました。(完全に余談なのですが、販売促進に対して、小企業への補助金が各自治体および全国商工会などで用意されています。そういったところを活用して、最低限の予算を確保するのがいいでしょう。)

自社サイトは、予算をほとんどかけずに活用できます。(最近のクライアントの場合、サーバー代(ドメイン代含む)で初年度16,000円弱。次年度以降は13,000円)

また、フェイスブックやLINEなどのSNSやメールアプリを使うことで、予算削減を図ることができますよね。

こういうあるものを使って、情報の内容およびコミュニケーションで勝負するんです。

わからないことは専門家に聞こう。

私も最近知ったことが多いのですが、さまざまな補助の形があるようです。

例えば、ミラサポ。ここでは、最大3回の専門家支援を無料で受けることができます。これは、近くのよろず支援拠点もしくは地域プラットフォームから申し込みが可能です。

私も専門家としてありがたいことに仕事をいただいているのですが、ほとんどが上記の運用に関すること、内容面でのアドバイスになります。

こういったものを活用して、基盤を整理するのがオススメですね。下手に怪しい情報商材に手を出してアメブロやらされたり、フェイスブックでダブルピース決めるよりも、ずーっとましです。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.