集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

ブログを作って更新してもランキングが下がってしまう!?

投稿日:

pass

全日本SEO協会の鈴木さんのブログにこのテーマに関するエントリーがありましたね。3つの主な要因を上げられていましたが、結構前から言われていることでして、その通りの原因でランキングが下がったブログも確認していますので、ここで再確認していきたいなーと思います。

ブログを作ったせいで検索順位が落ちているサイトが増えている!?

⒈文字数の少ない記事を書くこと。

ブログの共通部分(ヘッダー、サイドバー、フッター)に含まれる文字に対して、ブログのコンテンツの文字数が少なすぎて、記事として増やしたというよりも、同じ記事にちょろっと追記したみたいな感じにとられている可能性がある。

こう説明するとわかりやすいでしょうか?こうなる以前に、アクセス数が少ないページに関しては、検索にのらないこともあります。

少なくとも、文章量を原稿用紙1枚分(400文字)くらいで書いてくださいと説明しているのはこのためです。

⒉同じような内容を延々と書くこと。

これもオリジナル性にかける低品質なコンテンツとしてみなされる傾向にあります。上記のブログ記事では、グーグルが最も嫌がるので、「トップページが対象のキーワードでのランキングが下がる一方になる」と指摘しています。

ブログ記事を書く前に、書くテーマをエクセルなどでまとめた方がいいと言っているのは、「記事のオリジナル性を高めること」と「そもそもの検索サイトの役割や目的に準拠する」ためです。

⒊トップページで狙っているキーワードが含まれない記事を書くこと。

最近のアップデートじゃなくても、これで下がったんですよね。私のブログ。

「そのキーワードでアクセスを稼ぐ!というよりも、他の弱小キーワードをたくさん狙ってアクセス数を稼いだ方がいいな!」と思って、知ってて別のテーマの記事も入れるようになったので、当然といえば当然の話なんですけれどね。

これを守って記事を更新することはなかなか大変ですし、狙ったキーワードが実は弱小だったみたいなリスクもありうるので、気にとめる程度でいいんじゃないか?とは思いますが、どうなんでしょうか?

検索だけがすべてじゃないよ。

検索はもちろん重要だと思いますよ。

ただし、それは最も重点を置く目的次第で、既存客とのコミュニケーションを目的にした場合は、そこまでがっちがちに意識しなくてもいいと思います。どうも、検索重視にすると、自分らしい文章を書けなくなったり、新しい記事が書けなくなる人も少なくないようですので。

⒈まずは何について書くのか?書くテーマをエクセルに並べてみる。(書くテーマは関連性の高いジャンルのもの。)
⒉ブログのタイトルを書く。(疑問文の形でまとめる。)
⒊ブログを書く。(投げられた疑問に対して、原因と回答。)

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.