集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略 マーケティング コンテンツマーケティング

企業ブログのネタで悩んでいる人は商品のことを洗いざらい書けば良い。

投稿日:2015年9月21日 更新日:

「小形さん、ブログの重要性はわかるんですがね、何をかけばいいのかわからないんですよ。」

ブログが個人のものと言われたのはとうの昔のこと。

今現在は、ブログを使い、企業が読み物を提供し、アクセスを集めると同時に、商品に対する理解を深めてもらうのが普通になっています。

実際、この流れにのってブログから新規のお客さんを獲得している人なんてざらにいます。

何もしなければ、星の数ほど日々増えるページに自分のホームページは押しつぶされるだけでしょう。

では、企業のブログの場合、どんなネタを書けばいいのでしょうか?

アドバイスしているポイントは、次の2つです。

⒈自社の商品の情報を分解。エクセルにまとめよう。

自社の商品には、さまざまな情報が含まれているはずです。

用途
誰向けの商品なのか?
利用のシーン
効果/効能
成分
品種
食味
耐久性
などなど

含まれる情報をとにかく分解します。

その分解した情報をエクセルに書いていきます。(この書くことが大事です。)

その分解した情報に今度は味付けをします。

例えば、アントシアニンという単語が出た場合、「アントシアニン 効果」「アントシアニン 含有量」「アントシアニン 豊富」「アントシアニン 摂取」「アントシアニン 食材」など。とりあえずは、意味的に重複するものであっても気にせず書き出してみましょう。

実際に使えそうなものには色付けを行います。これでネタ(題材)作りは完成です。

あとは、この題材の文字を使って、疑問文のタイトルを作ります。疑問文にする理由は、検索する理由がほとんどの場合、調べ物だからです。わからないものに対する答えが書いてある期待をさせる効果が望めますし、この書き方をした方が、みんな大好きSEOにも良いからです。

⒉ちゃんと答えてあげる。

情報発信者である以上、その商品のプロであると同時に、その業界のプロであるはずです。

お客さんに丁寧にお店で聞かれたことを教えればどういう態度をとられますか?

たぶん、感謝されると思います。

ブログの場合でも一緒で、見たい情報に対して、大した答えになってないものは、あての対象からはずれます。

完結した情報の提供をしてあげることが重要です。

これは、1の段階で作ったネタ(題材)以外のことは書かなくてもOKという意味でもあります。

大手の情報サイトを見て、書き方を参考にすれば良い。

どの程度の深い情報を提供すればよいのかは、さまざまな大手サイトの記事を参考にすればいいです。

「え?こんなに書くの?無理無理。」

と思うのは当然でしょう。向こうは、書くプロです。あなたは素人です。差があって当然です。

最初は、400文字程度のボリュームで答えることからはじめるとよいでしょう。

大手サイトの書き方を参考にし、慣れてきたら近づけてみてください。

そうすれば、高い情報発信力が備わったサイトになっていきます。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略, マーケティング, コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.