集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

WEB戦略 マーケティング コンテンツマーケティング

何でページビュー数(PV)を見るの?

投稿日:

アクセス数を聞くと、ページビュー数を答える。これは、無料ブログしかやっていない人にとっては普通のことです。これは、ほとんどの無料ブログについているアクセス解析が、ページビュー数を一番目立つところに表示している関係もあるかと思います。

ですが、ページビュー数とは、そのドメインに属するページが表示された回数のことを言います。無料ブログの場合は、そのブログに属するページが表示された回数のことを言います。訪問者ごとにページビュー数は異なりますので、この数値は人数に比例するわけでもありません。

実は、ページビュー数は、広告媒体としての価値をみる指標であり、サービスの問合せや商品の購入をゴールにしているホームページの場合はあんまり見ても意味がありません。

知りたいのは、アクセスしている人数の方であり、どれだけの反応率があるか?です。これは、集客=人数×反応率だからです。

人数は、ユニークユーザー数(※2)を計測しますし、成約数を計測することで成約率を計算します。

これらの数値を知らなければ、どの部分が悪いのか判断することもできません。つまり、改善もしくはそれに伴う新しい施策を打つことができないのです。

※広告には、インプレッション数(表示回数)で課金するものがあるため、ページビュー数が重要になる。

※2 正確には人数ではありません。アクセスしたデバイスでカウントされているため、デバイス数になります。例えば、iPadとiPhoneで同じブログを見た場合、2とカウントされます。また、2人の人が同じiPadから同じブログを見た場合、1とカウントされます。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略, マーケティング, コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.