集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

オウンドメディアマーケティング ブログ集客

読了1分記事を量産しているブログは集客減になる可能性あり

投稿日:

右肩下がり

読みやすいことをアピールするために、「この記事は◯分で読めます。」と一番最初に記述しているブログをよく見かけます。

しかし、読みやすさの追求のしすぎは、集客につながらない可能性があります。

低品質なコンテンツとGoogle側にみなされる可能性が高いから。

読了1分程度の記事は、テキストがそれほど詰まっていないことになります。

テキストが不十分の場合、十分に説明をしていないとGoogleに見なされる傾向にあり、そのため、低品質なコンテンツと見なされる可能性があります。具体的に低品質なのかどうかを判断する基準は、Googleアナリティクスなどのアクセス解析で、検索からの月間流入数で判断することが大体できます。

低品質なコンテンツが多数含まれているとブログ全体の評価がマイナス傾向になります。メインのキーワードで評価が下がる可能性もゼロではありません。特に読了1分の記事を多産している経営者のブログをみると、専門性を意識していない傾向があります。低品質かつ専門性を欠いたコンテンツを量産すれば、メインのキーワードでランクダウンしてもおかしくはありません。

結果、集客減になる可能性もあります。

自分で内容が薄いことを宣言していることになるから。

読了1分程度で読み終わる記事は、内容が不十分であることを宣言していることにもなります。

内容が薄ければ、SNSのフォロワーやファンは、「この程度の内容をクリックさせて読ませないでほしい」と思うことでしょう。

現に、FACEBOOKのシェアやTwitterのクリックは、いいね!が多数ついているにもかかわらず、されていないことがあります。

これは、クリックすることを手間に感じているSNSユーザーが多いことを意味します。

内容の薄さを提供し続ければ、きっと読まなくなるでしょう。

読了1分程度の記事を量産回避する策

FACEBOOKページに書く。関係性の薄いことは、個人のページに書く。

クリックさせずに読ませる方がファンとしてもありがたいでしょう。

そのため、これらの記事を書く場合は、FACEBOOKページの投稿で代用することをおすすめします。

また、はっきり言ってどうでもいいことは、個人のFACEBOOKにシェアしましょう。

FACEBOOKページは、そのブランドのファンが登録します。個人の発見などの投稿を繰り返すと、ほんの一部のファンしか興味をもっていないために、固定客になりうる既存客を逃す可能性があります。

同一のテーマの記事に加筆する。その後、SNSでシェアする。

低品質になることを避けます。同じことを言っている記事を書いている場合、古い記事に加筆することで、1ページあたりのコンテンツ量を増やします。

SNSでシェアすれば、新記事と変わりありません。

読了時間を表示する方法

Insert Estimated Reading Timeを利用することでWordPressに読了時間を表すことができます。

具体的な設定方法は、Insert Estimated Reading Timeのスクリーンショットをご確認ください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-オウンドメディアマーケティング, ブログ集客
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.